What's New!


2018/ 6/30

 現在、サッカー2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア大会が開催されており、今夜から決勝トーナメントが行われるところです。
 日本は2ヶ月前の監督交代の経緯もあり、代表チームに対する期待値の低さから国内ではこれまでのW杯の中で最も盛り上がっていないとまで言われる状況で本番を迎えました。
 そうして迎えたW杯本戦、グループHに入る日本はグループリーグ初戦で前回敗れたコロンビア相手に幸運もあり2-1で勝利、続く第2戦はシード国のポーランドに勝利したセネガルに2-2の引き分けとし、この時点で今大会から導入されたフェアプレーポイント(出されたイエローカードとレッドカードを換算)の差で首位に立ちました。ここまではハイパフォーマンスで中盤の競り合い(ハリルホジッチ前監督の言う『デュエル』)に勝ち、中盤でよくボールが収まって選手もボールもよく動く連動性のあるサッカーができていたと思います。
 引き分け以上で決勝トーナメント進出を自力で決められる条件となった第3戦、2連敗でグループリーグ敗退が決まっていたポーランド相手に6人入れ替えた先発メンバーが機能せず、後半にフリーキックから先制され、最後はセネガルとのフェアプレーポイントの差での進出を狙って自陣でパスを回して時間稼ぎを行い、辛うじて決勝トーナメント進出を決めました。この『時間稼ぎ』が世界中で賛否を集めています。
 この件について個人的な見解を先に示すと、私は結果的には賛成、大英断だったと思います。他会場の結果に自らの命運を託す他力本願な決断でしたが、正直なところあの時間帯では日本に得点の匂いがなく、逆に相手カウンターからピンチを招いており、日本が攻めに行くと得点よりも失点の可能性の方が高かったと思いますし、コロンビアがそのまま勝つ可能性が最も高いと西野朗監督が感じたわけですから、「それでいくのか」という気持ちでした。何よりもW杯のグループリーグ第3戦ではこういうことが起こり得ることは認識していたので、それを日本がやっていることに「日本がこれをできるようになったのか」とある種の感慨すら覚えました。無論、あまり褒められたことではないと思いますが、日本が『名を捨てて実を取る』強かさを見せたことは今後の日本サッカー界にとって大きい出来事だと思います。
 この件を客観的に見た場合、スタジアムの観客や世界中のサッカーファンはただ単に面白い試合を見たいわけですが、そこにあったのは「負けているチームが最後の10分間を攻めに行かなかった」姿だったわけで、面白い試合を見られなかった観客や世界中の人々が文句を言うのは当然でしょうし、それを主導した日本代表に批判の矛先が向くのもやむを得ないと思います。私も負けているチームがボール回しを始めるのは見た記憶がなかったので珍しいことだったと思いますが、仮に攻めに行って2点目を取られて決勝トーナメントに進めなかった場合、いま批判している人たちがその責任を取ってくれるわけではありません。たとえ批判されてでもルールの範囲内で「決勝トーナメント進出」という目標を達成する方が重要だった試合であり、それを理解している国内外のファンやメディアからは容認する声も上がっています。
 さらに言えば、今回とは少し状況が異なりますが、ドーハの悲劇の時には時間稼ぎが必要だった時にボールをキープせずに同点弾を叩き込まれてW杯出場を逃しました。あれから25年経っても当時の選手たちの間で言い合いになったりする(そういうテレビ番組だからでしょうが)くらいの傷を残しているわけですが、今回の試合でリスクを冒してまた同じ傷を作る必要があったとは思えません。また、「あそこで攻めに行った結果、負けても仕方がない」という意見もありますが、勝負事は綺麗事ばかりではありません。W杯においては先のステージに進むことが最大の目標であり、何かに拘って敗退するより何の拘りもなく(たとえ目の前の試合に負けても)先に進めればそれでいいわけです。グループリーグ第3戦はそれが最も色濃く出る試合であり、そういう試合を他ならぬ日本が経験したわけですから、それを見た日本人の皆さんがこういう概念を理解するきっかけになればと思います。
 ともかく、日本の決勝トーナメント1回戦が楽しみです。ないのは優勝経験だけという優勝候補・ベルギー(FIFAランク3位)を相手にサプライズを起こしてもらいたいです。


 一方、プロ野球は交流戦を終え、リーグ戦が再開されています。
 今季の交流戦はリーグ最下位だったヤクルトが快進撃を見せ、12勝6敗で最高勝率を獲得しましたが、パ・リーグが勝ち越したために賞金は2位オリックスの半分となる事態となりました。さらに、今季の交流戦でホームランを打った投手はパ・リーグの選手のみと、普段から打席に立つセ・リーグの投手の面目が潰れる事態となっています。こういうところからもセ・リーグの奮起が待たれる交流戦となってしまいました。
 さて、阪神は交流戦の前に5連勝といい流れを作って交流戦に臨みましたが、調子を落としていたソフトバンクに3連敗のスタートとなってしまい、結局6勝11敗の11位に終わりました。リーグ戦再開までに気持ちを切り替えたかったところですが、今季は雨天中止が多く、リーグ戦再開の前日まで交流戦を戦わなければならなかった影響か、広島相手に3連敗、交流戦から合わせると5連敗の出だしとなりました。交流戦の影響でリーグの順位が混戦模様となっていることもあり、一時は最下位に転落する事態となりましたが、打線の調子が上向きになってきたこともあり、まずオールスターまでに勝率5割に戻しておきたいところです。
 試合数の上では残り半分、ここからが勝負!


更新情報


→What's Old:18 / -00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17
ホームページへ戻る
Presented by 溶解ほたりぃHG