What's Old


2024/ 4/30

 プロ野球は開幕から1ヶ月が過ぎました。
 セ・リーグは貯金6の阪神が貯金1の2位巨人に2.5ゲーム差をつけて首位、勝率5割の中日が3位、4位広島が借金1、同率5位にDeNAとヤクルトが借金3で並んでいます。
 一方、パ・リーグはソフトバンクが貯金12とスタートダッシュに成功し首位、3.5ゲーム差で日本ハムが貯金5の2位につけ、オリックスが借金1の3位、借金3のロッテと楽天が同率4位で並び、西武は借金10と出遅れ最下位スタートになりました。
 パ・リーグに開幕ダッシュに成功したチームと明らかに失敗したチームがあるのに比べ、セ・リーグは全チームが借金3までに収まっていて、悪いスタートを切ったチームはないと言っていいと思います。
 セ・リーグで気になるのは開幕から好調を維持して一時期は貯金6の首位を走っていた中日が今月終了時点で5割に逆戻りと調子を落としていることで、ここからどれだけ踏ん張れるかが注目されます。
 一方、パ・リーグで気になるのは貯金12のソフトバンクの勢いがどこまで続くかということと、チーム打率.201と貧打で昨年の中日よりも援護率が悪いと注目されている西武の得点力の行く末です。いつまでも好不調が続くわけではないので、ソフトバンクが息切れした時にどうなるか、また西武が月間に貯金3ずつ積み上げていくような戦いをしていけるのかを(ほぼ結果だけになると思いますが)注目したいところです

 阪神はここまで15勝9敗3分けの首位と上々のスタートを切りました。
 開幕から3週間はオープン戦の不調を引きずるように調子が上がらず、開幕シリーズは負け越しスタート、その後も勝率5割に復帰するものの引き分けを挟んで3連敗もあり、14試合目で借金3と苦しみました。途中、10試合連続2得点以下で安打もなかなか出ない試合が続きましたが、この10試合を4勝4敗2分けで乗り切り、2桁安打を記録した試合から打線の状態が上向いて引き分けを挟んで7連勝を記録するなど上昇気流に乗ることができました。
 昨季の4月終了時点が13勝10敗1分けで貯金3だったことを考えれば今季は上々のスタートですし、あれだけ不調だったにもかかわらず大きく負け越さなかったことがこの成績になっている要因であり、それを支えたのは盤石の投手陣でした。
 「打線は水物」と言われるようにいつも打てるわけではありませんが、打線が投手陣の負担を少しでも減らせるように頑張ってもらいたいです。

 普通にやったらええんよ!


更新情報


2024/ 3/31

 プロ野球が開幕しました。
 オープン戦では昨季最下位の中日と小久保新監督率いるソフトバンクが同率首位となり、2連覇の後の5位低迷からの巻き返しを図るヤクルト、今江新監督率いる楽天が続く結果となりました。
 現在、開幕3連戦を終えて3連勝のチームも3連敗のチームもありませんが、中日のみ2敗1分けと未勝利のスタートとなりました。開幕カードで1つは勝っておきたいことを考えると中日以外は悪くないスタートを切れたのではないかと思いますし、中日も次のカード頭で勝てればそれほど問題はないのではないかと思います。

 阪神はオープン戦で3勝14敗1分けと断トツの最下位に終わり、選手の仕上がりや投打の噛み合わなさ、野手の新戦力のアピール不足などが目につきましたが、岡田監督はそれほど意に介していない様子でした。
 開幕カードの巨人戦では初戦、2戦目とも先制機にミスや相手のファインプレーで無得点に終わった後に失点、打っては2試合連続完封負けと厳しいスタートになりましたが、3戦目で0-0の8回表に3ランホームランが飛び出し、9回にもダメ押し点を挙げて今季初勝利を完封で飾り、開幕3連敗を阻止することができました。開幕戦で先制し、そのまま勝てていればオープン戦の悪いイメージを払拭できていたと思いますが、3戦目で勝てたことでようやく暗いムードを吹き飛ばせたと思います。
 もし開幕3連敗となっていれば一昨年の開幕9連敗が頭を過るところでしたが、これで選手も普通に試合ができるでしょうし、こちらも普通に試合を見ることができます。
 今季は昨季とは違って苦戦が予想されますが、借金を3くらいまでにしながら徐々に調子を上げていってもらいたいところです。4月を終えて借金3なら御の字というくらいで見ていこうと思います。

 ところで、昨季まであった特例ルールが気になって調べてみたところ、今季からは新型コロナウイルスに関する特例は撤廃され、代わりにインフルエンザも含めた『感染症特例』として常設される感じになっていました。これは予防接種による体調不良にも適用されるとのことで、アフターコロナの取り組みとしてはいいものだと思います。また、出場選手登録やベンチ入りの人数も昨季からの引き続きになっており、この辺の運用はサッカーの交代枠と同じく一度広げたものを再び狭くするのは難しいのかなと思いつつ、選手の健康への配慮という点でいいことだと思います。


更新情報


2024/ 2/29

 ロシアによるウクライナ軍事侵攻は開始から2年が経過しました。
 攻勢を強めるロシア軍に対してウクライナ軍は東部ドネツク州の要衝アウディーイウカからの撤退を発表するなど、一時期の反攻に打って出ていた時期に比べて明らかに戦況がよくありません。欧米からの支援が当初発表されたものより小さくなっていることや兵士不足などがあり、ウクライナ国民の厭戦ムードも漂ってきています。国民が「領土を奪われた状況での停戦」を望んだ場合、ゼレンスキー政権は厳しい判断を迫られることになるかもしれません。
 一方、ロシアは国民が生活の上で戦争の影響をあまり感じておらず、戦争や政権に対する反対運動もすぐに鎮圧されてしまう状況にあります。来月に行われる大統領選挙に立候補した反戦派の候補を排除したり、収監されていた反体制派の指導者・ナワリヌイ氏の死亡が確認されるなど、プーチン政権が倒れる様相がありません。プーチン政権の基盤が盤石なら当面はロシア軍優位の戦況が続きそうな気配です。


 プロ野球はキャンプを終え、オープン戦の時期になりました。
 今年は新監督を迎えたチームが3つありますが、やはり巨人の阿部慎之助新監督が大きく取り上げられていました。2年連続Bクラスを受けて弱点だったリリーフ投手陣の補強や守備走塁の意識向上など、どうチームを再建するかが注目です。
 話は変わりますが、昨季からの巨人のユニフォームには背中に名前がなく、個人的には新しく出てきた選手を背番号だけで判断しないといけないのは不親切だと思います。『FOR THE TEAM』の精神の体現もわからなくはないですが、今の時代の流れにはそぐわない気がします。2002年に阪神がビジターユニフォームで背番号のみのデザインを採用していましたが、選手たちから「名前ではなく番号で呼ばれる」などの声が挙がり1年で廃止された経緯がありますが、巨人の選手たちがその辺のことをどう思っているかが気になります。

 さて、阪神についてはオフに補強らしい補強をせず、基本的に現有戦力のレベルアップで臨んでいますが、若手選手の突き上げに関しては野手に不安が残ります。今チャンスをもらっている選手はどんどんバットを振ってアピールしてもらいたいところですし、投手に関しても何人残れるかわかりませんがどんどんアピールして岡田監督を悩ませてもらいたいところです。
 個人的には今季は昨季のようにはいかないと思っています。昨季の疲れもあるでしょうし、相手の研究や戦力の上積みもあるでしょう。2021年に優勝したオリックスが翌年の前半戦で苦しんでいたのもあり、見る方としては多少苦戦する心積もりでいた方が精神衛生上いいというのもあります。
 最後に頂点に立っていればいい戦いなので、まずは交流戦までに今季はどういうチームで戦うのかを楽しみに見ていきたいと思います。


更新情報


2024/ 1/31

 令和6年能登半島地震の被害の大きさが明らかになってきました。
 阪神淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震のマグニチュード(M)7.3を超えるM7.6(最大震度7)の内陸型直下地震でしたが、能登半島の先端にある珠洲市周辺では2020年12月以降に群発地震が発生していた中でのことであり、この4分前のM5.5(最大震度5強)に引き続いて起こった地震でした。
 今回は地震による建物の倒壊や地割れ、土砂崩れや火災だけでなく津波による被害もあり、大津波が来る前の水が引いている場面や津波が陸上に押し寄せてきている場面などが撮影された動画もありました。直下地震における津波発生は1923年の関東大震災を引き起こした大正関東地震が想起されますし、今回のような大規模な地震ともなるとその津波の高さもかなりのものになることが実証されました。
 今回の被害の様子を見ていると、関西在住の身としては阪神淡路大震災が思い起こされます。阪神淡路大震災は発生から今年で29年となりましたが、報道を見ていると未だにあの震災の中を生きている人も少なくないと感じましたし、家族や親戚を直接亡くしていなくても受ける苦しみや辛さがあることも知りました。今回の能登半島地震についてもそこは全く変わらない部分ですし、被災者の方々が心の平安を早く取り戻せることを祈るばかりです。
 それはさておき、今回の能登半島地震の復興の道筋は見えませんが、避難に関しては1次避難から2次避難の段階になってきました。まず身体の健康を取り戻すために2次避難をするのが合理的とは理解していても、地元を離れたくないという人たちの気持ちもわかる故に難しいところです。


 さて、プロ野球はキャンプインの時期となりました。
 今年もまた新しい選手の出現を楽しみにニュースを追ったり追わなかったりするわけですが、個人的には阪神の連覇を期待して新戦力や選手間の競争に注目したいと思います。


更新情報


2024/ 1/ 3

 令和6年能登半島地震の発生により新年をお祝いする気分になれないため、新年の挨拶を控えさせていただきます。
 この度の地震により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


更新情報


What's New! / ホームページへ戻る
Presented by 溶解ほたりぃHG