憲法改悪に反対する市民フォーラム 第44回

(日時) 2018年9月16日(日)12:00~13:00

(場所) JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)。

(主催) 9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)。

  ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情宣)です


 沖縄知事選挙が告示されました。辺野古新基地建設を巡る、「政府とその取り巻き政党」対「沖縄の歴史的主権を体現するアイデンテティ」との一騎打ちです。政府側は、新基地建設問題を普天間基地の「移転問題」に差し替え、振興基金等を利権化する等、デマゴギーと利権誘導で、「島ぐるみ」の運動にくさびを打ち込み、分断を謀ってきました。しかし、そもそも、辺野古に新基地を造る「権利」は誰にあると言うのでしょうか。そんな権利は、米軍はもとより、政府にも、国民にも、あえて言えば、沖縄県民の「創り出された民意」にもありません。安倍政府とその取り巻き勢力が、組織と利権とデマを動員して投票を支配し、民主主義的に「沖縄の民意」を手にしたとしても、多数決で人権を潰す「権利」は入手出来ないのと同じです。沖縄の歴史的主権は「辺野古に新基地を造る権利があるという者は名乗り出よ!」と叫びます。一方、自民党の党首選が始まりました。国民にとっての不幸はどちらの候補とも「タカ派」ということであり、自民にとっての不幸は「リベラル派」の立候補がなかったことです。タカ派の一方は、超法規的便宜供与に関わった当事者であり、いわば「権力者の不正」そのものです。これが、周辺の権力機構の不正、腐敗に連鎖したのが「森友・加計」問題です。腐ったリンゴはリンゴ箱全体を腐らすのです。自民党内で「腐ったリンゴ」を取り除かないのであれば、国民の出番です。安倍政権を放逐する迄国民・市民の声を閉ざしてはなりません。多くの皆さんの参集を呼びかけます



 高浜原発このまま廃炉へ!
関電包囲全国集会への参集呼びかけ

(日時) 2018年8月25日(土)15:00~16:00 

(場所) 関西電力本店前 
     (集会後、うつぼ公園に徒歩で移動して御堂筋デモ
      デモ出発は16:45~ うつぼ公園から難波まで

(主催) 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井

(呼びかけ) 〇 オール福井反原発連絡会 
       〇 ふるさとを守る高浜・おおいの会
       〇 若狭の原発を考える会

 関西電力は昨年来、高浜原発3,4号機、大飯原発3,4号機を再稼働させたのみならず40年越え老巧原発・高浜1,2号機、美浜3号機の再稼働も画策しています。安倍内閣は原発輸出、再稼働を通じて「核・原子力国策」の維持・延命を図ろうとしています。「究極の公害」である原発事業を再稼働させる権利は 「電力会社」や「経団連」は勿論「規制委」にも経産省にも安倍内閣にもありません。処理することのできない廃棄物を出す事業は「公害事業」であり、存在が許されないだけでなく「国民の命と生存を時空間を越えておびやかす」ことは「フクシマ事故」の現実が突きつけています。「核・原子力国策」を押し付ける安倍内閣を追放すると同時に、「原発回帰」に旗を振る関電を抗議の声で包囲しましょう。多くの皆さんの参集を呼びかけます。



 
辺野古新基地建設断念を求める
『「8・11沖縄県民大会」大阪同時アクション』
              への参集呼びかけ


(日時) 2018年8月11日(土)11:00~ 集会後デモ。

(場所) 中之島公園水上ステージ(淀屋橋下車、中之島中央公会堂前)

(主催) Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション

 辺野古に新たな基地を造らせないという、沖縄の歴史に裏打ちされた「沖縄の主権」を体現する「オール沖縄」に押し出され、その求心力を担ってきた翁長沖縄県知事が亡くなりました。がんと闘いながら、安倍政権の強権政治に命を賭して対抗してきた想いは、多くの人々によって引き継がれるものと思います。
 辺野古新基地建設の強行を進めている安倍政権は、8月17日から、基地造成予定海域への土砂の投入・埋め立て工事に着手しようとしています。第一には、「新たな基地を造ることを許さない」という「沖縄の民意」を「新基地造成工事の早急な既成事実化」で切り崩そうとする企てです。
 他方の、国や企業、政党、御用メディアを総動員した、①「日米安保の不可侵化」(米軍基地問題は治外法権)、②「本質のすり替え」(「新基地建設問題」を「移設問題」(「普天間返還取引問題」に)、③「利権誘導(「地域振興」)」、④「基地経済」で支えられる沖縄、等のデマゴギーによる、民意の分断・切り崩しを図る企てと対をなすものです。
 7月27日、翁長知事は前知事が行った辺野古沿岸部の埋め立て承認(13年12月。仲井真知事)に重大な問題があるとして、承認の撤回を表明しました。今後、国との訴訟対立が焦点化するものと思われます。沖縄はアジア・太平洋戦末期の住民を巻き込んだ壮絶な地上戦の後、米軍が占領し、日本本土攻撃の拠点として、焦土を米軍軍事施設に変えました。戦後、米軍の占領下、「銃剣とブルトーザー」により、住民の土地も権利も強制的に奪い取られて基地が造られました。日本の主権回復や、少なくとも「沖縄返還」以降、それまでに強制収用された米軍基地は住民に変換されるべきものです。「沖縄の主権」や「人権」が「軍事」に隷属することを強制する権利は誰にもありません。そもそも、辺野古新基地の押し付けは、米国は勿論、安倍政権にも、又「軍事優先」を唱え、沖縄に押し付ける国民、にも、誰にも権利はないのです。国民に「飯と平和」を保証するのが政府の役割であって、国民を「戦争に動員」することではないのです。翁長知事の魂はこう叫んでいます。「辺野古新基地を沖縄に強制する権利があると言う者は名乗り出よ!」。8月11日、沖縄では「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」主催の県民大会が開催されます。大阪でもこれに呼応する集会・デモで連帯したいと思います。当日、事務局がプラカードを掲げます。声を掛けて下さい。



 憲法改悪に反対する市民フォーラム 第43回

(日時) 2018年7月15日(日)12:00~13:00

場所) 
JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)。

(主催) 9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)

 ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情
宣)です


 「働き方改革」(高度プロフェッショナル制度)が強行されました。安倍内閣が推し進めてきた「成長戦略」の柱のひとつです。本質は、「経団連」(グローバル大資本・金融資本、大富裕層の総称)の利権の国策化です。つまり、「国民の為の成長戦略」とは真逆の「経団連」の利権を目指す「成長戦略」です。「労働者の働かせ方」について、労働時間や休日、時間外手当等、資本に規制をかけてきた『労働権』の骨抜きと、労働者内部の分断化」の新たな足がかりの確保であり、労働時間と切り離した「成果賃金」とすることで、「時間に関係なく労働者の意思で働かせ」、「企業のコストを抑える」新たな「働かせ方」の開幕です。
 歴代自・公政権が進めた「グローバル新自由主義路線の国策化(「格差・貧困化政策」)」は、そのねらいどおり労働者・勤労者の「所得」を奪い取り、「経団連」の利益に付け替えました。「格差と貧困、ワーキングプアー社会」は、グローバル新自由主義の結果ではなく、「経団連」の「利益の源泉」なのです。資本の論理、金融資本の自由運動の阻害物となる「労働権」と、「労働者の団結」を突き崩す足がかりとして「労働者派遣の規制緩和」の先例を記憶にとどめなければなりません。1985年に成立した「労働者派遣法」は、職種、勤務形態は限定的に始まりましたが、その後30年の中で、どんどん拡張が進められ、非正規労働者が4割近くを占める「非正規社会」の道を拡げるツールとなっています。「高プロ制度」を労働者の多重的分断のツールとさせてはなりません。
 安倍政権は「参院選」のルール変えを強行しています。国政選挙は、国家統治権力を政党が入手する手続き装置と言えますが、「国民主権」の委託が公正な形でまとめられることが前提です。政権政党が選挙ルールを恣意的に支配することは、「立憲政治」の突き崩しであり、「国民主権の侵害」というべきものです。安倍政権の暴政に市民、国民の抗議の声を上げましょう。




(以下の集会・デモへの参集呼びかけ)


① 「安倍政権を倒せ!9条改憲を阻止しよう!
                      6・24講演集会」


   日時:6/24(日)14:00~(開場13:30)

  会場:天王寺区民センターホール
   (地下鉄谷町線「四天王寺夕陽丘」①、②号出口を北へ2分)


   主催:安倍政権を倒せ!9条改憲を阻止しよう!
          6・24講演集会実行委員会
(弊会も参加)

    プログラム:講演 白井 聡 さん(京都精華大学専任講師)
               沖縄・辺野古報告 三浦 俊一 さん
                 (釜ヶ崎日雇労働組合副委員長)

 講演会終了後デモ(16:45~。難波まで)。当日資料代500円



② 「差別・排外主義者を利用し
     労働組合潰しをおこなう
       資本・権力の弾圧に抗議する 
                 6・23総決起集会」


   日時:6/23(土)18:30~

  
 会場:大阪市中央公会堂大ホール
          (中ノ島大阪市役所裏、淀屋橋から5分)


   主催:あらゆるヘイトを跳ね除ける実行委員会


③ 「憲法改悪に反対する市民フォーラム 第42回」

   日時:6/17(日)12:00~13:00

   場所:JR大阪駅前歩道上
       (JR大阪駅、南東側。阪神と阪急を結ぶ歩道橋の下側)


   主催:9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)

   ※毎月大阪駅前で行われている街宣(チラシまきとマイク情宣)です


 米国・トランプと朝鮮・金のトップ会談が世界の関心を集めています。民衆に犠牲をまき散らす「偶発的戦争の危機」の引き金から互いの指を引き外したことは、とりあえず評価できるものです。選挙遊説行脚の延長線上の域に生きるポピュリスト・トランプの乱行政治は、「米国版・経団連」、「ネオコン」、「軍・産共同体」、「特定宗教勢力」、「一部メディア」の取り巻きの利権を足場にするものです。「国際社会」との軋轢・孤立、「戦争の危機」の創出、国内の格差拡大、分断・差別の煽り立て等多くの分野で自らが行き詰まり、又、世界を行き詰まらせています。朝・韓の分断に終止符を打つべく、戦争当事者がその義務を果たすことが朝・韓トップ会談を皮切りに突き付けられた課題です。カナダの「G7サミット」で1対6に追い詰められたトランプを、安倍は「米国を孤立させない」と擁護したと伝えられます。どこまでも、主体性と当事者能力を米国に投げ出した安倍内閣の醜悪な姿です。トランプは、朝鮮・金に「体制保証」を約束しました。安倍内閣の政治には「米国に体制保証の首根っこを押さえられている」同じ構図が見え隠れしています。まともな政治、まともな政権を創りだす時です。国民・民衆の声を上げましょう。



「米軍Xバンドレーダー基地撤去!
  東アジアの平和を!6・3 京丹後総決起集会」
                     へ参集を呼びかけ

(日時) 2018年6月3日(日)13:00~ 集会後、基地に向けてデモ

会場) 
久僧公民館(京丹後市丹後町)

(主催) 米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

(協賛) 米軍基地建設を憂う宇川有志の会
 

 米朝会談の成否が焦点化しています。世界に「戦争の危機」をまき散らす米・トランプと、「先軍政治」と人権抑圧で「王朝体制維持」を図る朝鮮・金の「チキンレース」として展開されています。トランプの行動は、米国の「世界・核支配構造」の独善的押し付けの一貫であり、「ネオコン」や、「特定宗教勢力」、「金融資本・超富裕層」、「軍・産共同体」の利権に動かされるものと言えます。トランプは「東アジアの非核化」を要求するのなら、まず「世界の非核化」を破壊する自らの行動の責任を取らねばなりません。パレスチナ自治区の不法占領・入植をはじめ、国際社会の和平を破壊するイスラエルに寄り添うトランプ一家が、「パレスチナの和平構造」を破壊し(エルサレムをイスラエルの首都と承認)、これに抗議するパレスチナ民衆へのイスラエル軍の無差別殺戮を容認しました。又、国際社会が築いてきた「イラン核合意」から離脱を強行しました。何れも、和平を破壊する魔物を閉じ込めてきた「パンドラの箱」をこじ開ける暴挙であり、歴史的犯罪と言わなければなりません。「平和に対する罪」で裁かれるべきトランプの乱行政治は、世界から孤立しています。
 問題は、安倍内閣が、このような米国政権の動きに追随・賛同し(トランプが「核軍事拡大強化(戦略)」を発表するや否や「高く評価する」と応じ、被爆国の政権としてその資格が問われ)、更に、「戦争の危機」や「米国の軍拡」を利用して「米国との一体参戦体制・軍備」整備に走っていることです。
 今日、京丹後の米軍基地と、隣接する航空自衛隊駐屯地では、同時に拡張、整備が行われています。まさに、米軍との一体参戦整備に組み込まれる自衛隊の一面が顕在化している姿です。米軍Xバンドレーダー施設は「戦争の最前線」そのものと言うべきものです。  
 現地で粘り強く戦われている反対運動と連帯し、安倍内閣の「トランプの戦争への一体化参戦」準備政策に反対する声を上げたいと思います。  



 憲法改悪に反対する市民フォーラム 第41回

(日時) 2018年5月20日(日)12:00~13:00

場所) 
JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)。

(主催)9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)

 ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情
宣)です


 米国・トランプ政権による新たな「戦争の危機」の火付け行為が世界を巻き込んでいます。5月8日には、国際社会の協調・同意の枠組みで結ばれた「イラン核合意」を一方的に離脱し、昨年暮れの「エルサレムをイスラエルの首都と認める宣言」に続き、5月14日には、国際世論の総反対の中、米国領事館の「エルサレム移転」を強行しました。これら、「イスラエルへの偏向肩入れ」は、「米国版・経団連」、「ネオコン」、「右派宗教団体」、「軍・産共同体」、「一部マスコミ」がそれぞれの利権の実現・確保に向けて、事実上トランプ政権を操っている構造です。そもそも政治の中身と責任が問われる「政権運営」ですが、ポピュリスト・トランプは、その空疎な思考を、人気取り・集票を創り出す「選挙運動の延長・継続」とすり替え、埋め合わせようとしています。この「同族会社の成金趣味経営」の域を出ない三文役者にシナリオと振り付けを手ほどきする取り巻き勢力が「利権政治」を張っているだけに世界の危機は深刻です。まさに今、世界の「戦争の危機」の火種は米・トランプにあります。
 更に深刻なのは、「日米同盟」をうたい、トランプ政治に付き従う安倍政権と言わなければなりません。「森友」、「加計」、「自衛隊日報」等、安倍内閣による「権力の私物化・不正」は誤魔化し切れない形で顕在化しています。その安倍政権が狙う「安倍9条改憲」の動機の柱のひとつが「米国の戦争に参加できる形に国と社会を改変・整備する」米国の要求です。「戦争はしない、させない」という権力への国民からの縛りを、「縛られている当の権力がその縛りを断ち切りたい」とうごめいているのが「改憲」です。変わったのは「日本を取り巻く安全保障環境」の中身です。「戦争の危機」の振りまき屋・トランプと、その追随屋・安倍こそが真っ先に排除すべき「国民的危機要因」です。
 「不正内閣・安倍追放」、「トランプの戦争へ参加できる体制整備(改憲)を許さない」声を上げましょう。




「安倍9条改憲を許さない!
     おおさか総がかり集会」
への参集呼びかけ


(日時) 2018年5月3日(木)13:30~ 集会後デモ15:00~ 

場所) 
扇町公園(JR環状線「天満」3分/地下鉄・堺筋線「扇町」すぐ。

(主催) おおさか総がかり集会実行委員会
 

 安倍内閣とその取り巻き勢力による「権力者の不正犯罪」が暴露されると共に、省庁・官僚も含めた「権力の腐敗」が顕在化しています。言わば、「一権力者の不正が権力機構の腐敗」を創り出しているのです。眼前に晒されているのは、箱の中の「腐ったひとつのリンゴが全体を腐らせている」姿です。「森友」、「加計」、「防衛省・自衛隊」をはじめ、まず、「不正・腐敗の元凶」安倍内閣を放逐することが国民的課題です。安倍内閣が企ててきた「軍事拡大」と「海外派兵の地ならし」への「国民動員」の過程で行われた「南スーダンPKO」や、「イラク派兵」での、「現地日報」の組織的情報隠蔽は、かつての軍部による「大本営発表」を使った「戦時国民動員」が過去のものではないことを示しました。「情報管理システムの見直し」や「シビリアンコントロール」の問題の以前に、組織的に「嘘やごまかし、隠し立て」を図り、情報操作を行って国民、メディア、立法権をミスリードする安倍内閣退治こそが「本丸」であり、先決です。「事実」そのものが、安倍内閣の足場を不安定化させていますが、尚「改憲」を推し進めようとしています。「安倍9条改憲」の企ては以下の3つのねらいを持っています。
①「米国の戦争」への出兵を可能にすること(米国の要請に応える)。
②「経団連(グローバル大資本・金融資本、大富裕層を総称して)」のグローバルな利権の軍事保護
 を実現する事(「経団連利権」の国策化)。

③「強い軍事・大日本」の復権をはかること(「日本会議」等の歴史修正主義)。
 いずれも、「米国との一体参戦」、「軍事拡大」、「海外派兵」に向かう為には、権力者を縛る現在の「非戦・憲法」が決定的障害物です。「戦争をさせない」という「権力へのしばり」を解くことこそが「安倍9条改憲」の本質です。別の言葉と例えで言えばこうなります。「米国版「経団連」の利権代理人・トランプに引かれて『トランプの戦争』に参加するのですか?」、「後戻りのできない行き止まりの道に立ち入るのですか?」、「盗人が、自分をしばる法律に困って、このしばりをはずして自由に盗みを働きたいと口にした時、そんな権限を当の盗人自身に許す事はあり得ますか?」と。 「国民主権」を行動で示す時です。「腐ったリンゴ・安倍内閣」を追い出しましょう。「米国との一体参戦」の企て(改憲)を許さない!声を上げましょう。 当日、事務局がプラカードを掲げます、声を掛けて下さい。




大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会
               
への参集呼びかけ

(日時) 2018年4月22日(日) 13:00~ 

場所) 
関西電力本店前(地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」
               /京阪・中ノ島線「渡辺橋」駅より西に5分)


(主催) 大飯原発うごかすな!実行委員会

(呼びかけ)
  ① オール福井反原発連絡会(原子力発電に反対する福井県民会議
    /サヨナラ原発福井ネットワーク/福井から原発を止める裁判の会
    /原発住民運動福井・嶺南センター/原発問題住民運動福井県連絡会)
   ② ふるさとを守る高浜・おおいの会
   ③ 若狭の原発を考える会
      ※関電本店前集会(13:00~14:30)の後、徒歩で「うつぼ公園」に移動。
       15:15~デモ(御堂筋~難波)


 「森友への国有地不正売却と証拠の改ざん・隠蔽」、「加計への不正便宜供与」、「働き方改悪への情報不正操作」、「自衛隊の海外出兵を巡る、情報操作・隠蔽」といった安倍内閣とその取り巻きによる「権力の不正」が次々と摘発されています。支持率の急落は今後、「ドロ船」から抜け出ようとする政治家と、省庁・官僚も含めた「権力」の流動化の流れが促進されるものと思われます。言わば。安倍一極政治の腰折れです。原発を巡る政治も「もんじゅ」の廃炉や、老朽原発の廃炉、安全性を巡る司法判断、粘り強い住民運動、幅広い世論等の包囲が立ちふさがっています。安倍内閣は、尚、原発輸出、再稼働等を通じて、「核・原子力国策」の維持・延命を図ろうとしています。「究極の公害」である原発事業を再稼働させる権利は、「電力会社」や「経団連」は勿論、「規制委」にも経産省にも、安倍内閣にもありません。処理することのできない廃棄物を出す事業は「公害事業」であり、存在が許されないだけでなく「国民の命と生存を時空間を越えておびやかす」ことは「フクシマ事故」の現実が突きつけています。「核・原子力国策」を押し付ける安倍内閣を追放すると同時に、「原発回帰」に旗を振る関電を抗議の声で包囲しましょう。多くの皆さんの参集を呼びかけます。



「おおさか総がかり緊急集会」
への参集呼びかけ

9条改悪NO!/森友疑惑徹底追及!/安倍内閣は総辞職を!

(日時) 2018年4月14日(土)15:00~16:00 集会後デモ

場所) 
うつぼ公園(地下鉄四つ橋線「本町駅」28番出口より)

(主催) おおさか総がかり集会実行委員会


森友学園への国有財産不正売却問題が、加計学園問題、自衛隊日報問題、働き方改革問題等安倍内閣の不正を中心点に放射上に拡張しています。「森友不正」では「会計検査院」の監査すら組織的に妨害、証拠隠しが行われました。「文書管理の問題」でもなければ「官僚の不正行為」でもありません。一極に集中する権力構造の土台の上に、安倍首相の「私的な不正」が「権力の腐敗」を連鎖的に引き起こした問題です。会社に例えれば、社長の私腹の為に、社長室が領収書を書き換えて、監査をごまかしたという類です。この種の権力犯罪に散見される「トカゲの尻尾切り」の過程の中で、ごまかしの共犯を強要された現場官僚が自死に追い込まれました。韓国では、前大統領のワイロ犯罪に厳しい判決が下されました。
「安倍内閣の不正」が省庁・官僚を含めた「権力の不正」を引き出し、拡散する「元凶」です。「腐ったリンゴ」をそのままにしておいてはいけません。今こそ、国民・民衆の行動で、「腐ったリンゴ」を取り除きましょう。「安倍不正内閣追放」、「権力の不正を許さない」声を上げましょう。 



 憲法改悪に反対する市民フォーラム 第40回

(日時) 2018年4月15日(日)12:00~13:00

場所) 
JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)。

(主催)9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)

 ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情
宣)です




 とめよう!戦争への道2018関西のつどい

 憲法九条の改悪を許すな!/廃止せよ!違憲の戦争法
      /普天間基地即時撤去!絶対反対!辺野古・高江新基地
 

(日時) 2018年3月24日(日)13:30~(開場13:00)  デモは16:15~

場所) エルシアター(エルおおさか 地下鉄谷町線/京阪「天満橋」駅
下車)


(主催) 大阪平和人権センター/しないさせない戦争協力 関西ネットワーク
     戦争をさせない1000人委員会

(講演) 柳澤 協二さん(元内閣官房副長官)。
     
安次富 浩さん(ヘリ基地反対協議会共同代表)。 

森友学園への国有財産不正譲渡犯罪(問題)で佐川氏(前財務省理財局長)を国会に証人喚問することが決まりました。「教育勅語」に象徴される「皇国教育」の復権を目指す籠池氏(森友学園前理事長)と右派勢力「日本会議」の同志である安倍総理が、この学園の初等教育学校の実現に「意を通じていた事実」は安倍総理夫人がこの学園の名誉校長に名を連ねていたことも含めて明白です。国家機関を使った「国有財産の詐欺・横領」ともいうべき不正に安倍総理が関わっていた事実があからさまになることを恐れる安倍政権は、当該の国家機関も含めて「不法な事実隠し」を積み重ねてきました。その不法・不正の虎の尻尾が言い訳の出来ない形でつかみだされるや、佐川氏にすべての責任を背負わせ「トカゲの尻尾」にして切り捨てようと悪あがきを続けています。本来、このような内閣・権力の不正・犯罪には国会が積極的に対応するべきものです。権力や数の力で事実隠しを図っても、事実そのものを消し去ることはできません。

国民国家の政権は「国民の暮らし」と「平和」に責任を負わねばなりません。安倍内閣は当初より①「経団連利権」の国策化を図る事、②米国の世界軍事支配戦略の再編と「意を組むこと」、③「日本会議」等の「歴史修正主義」に身を寄せる事に注力してきました。「戦後レジームからの転換」とは、そのような安倍政治路線による、「国と社会の全面転換」の意図であり、とりわけ、「経団連」(グローバル大企業・金融資本と大富裕層の総称)のグローバルな活動と利権に寄り添う、「グローバルな軍事体制整備」(投資先の治安保障)です。「米国との一体参戦」を先導役に、実現を引き寄せる狙いです。その分水嶺として「9条の骨抜き」(改憲)が企てられているのです。「一極支配権力」を握った安倍内閣は、権力者のおごりを肥大化させ、「立憲主義」や「三権分立」、「民主主義」が空洞化されました。

更には、安倍氏の「個人の縁故」勢力への不正利権・利得の便宜供与(権力の不正利用)に踏み出しました。このような「内閣の腐敗・不正」が省庁も含めた「国家機関の不正の連なり」に拡がり、「権力機構の腐敗」が定着化していったと言えます。腐ったリンゴは箱から放り出さねばなりません。「安倍腐敗・不正内閣追放!」の声を高めましょう。当日、デモで事務局がプラカードを掲げます、声を掛けて下さい。



 憲法改悪に反対する市民フォーラム 第39回

(日時) 2018年3月18日(日)12:00~13:00

場所) 
JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)。

(主催)9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)

 ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情
宣)です


 森友学園への国有財産の不正譲渡問題が政治焦点化しています。国家機関を使った詐欺、・横領犯罪と言えるものです。森友学園は、教育勅語に象徴される「皇国教育」の復権を目指す初等教育私学として登場しました。その設立劇には、右派勢力「日本会議」に足を置く籠池(理事長)が先頭に立ち、安倍総理夫人が名誉校長を引き受けるという、それぞれの役割を果たしました。学校建設の用地は、国有地の不正廉価売り渡しが仕組まれました。売り渡しを仕組んだ財務省はその記録に「特例措置」と記し、買受側の籠池氏は国会で「神風が吹いた」と証言しました。この犯罪事件の主犯や共犯の構図が明らかになるのを妨害する「政治権力の壁」が立ちはだかっています。公的補助金の詐欺罪に問われ、大阪拘置所に拘留されている籠池氏の長期拘留の理由は「証拠隠滅の恐れ」と言いますが、素直な市民感覚で見ると、この「森友犯罪」の真相追及が安倍内閣の関りにつながるのを恐れる「権力意図」が「籠池隠し」で証拠隠滅を図っているといえます。籠池氏の目指した「皇国教育」は、国民主権を国家主義に置き直したい右派勢力の「歴史修正主義」や「天皇制」の政治利用と重なる流れで、「安倍9条改憲」と同じ土俵上の、国民主権と真反対の極にある、許してはならない動きです。問題は、そのような、反国民的動きに安倍首相(首相夫人)がかかわり、財務省が不正に手を出している事です。腐敗権力につらなる国家機関の不正の連鎖です。腐敗権力安倍内閣の不正の構造を暴き出す時です。国民的怒りをパワーに安倍内閣を瓦解に追い込まねばなりません。多くの皆さんの参集を呼びかけます。



 さよなら原発 関西アクション
 
-再稼働やめて!核燃サイクル中止ー
             への参集呼びかけ


(日時) 2018年3月11日(日)13:30~(開場13:00) 
        ※集会後デモ 15:50~(西梅田迄)

会場) エルおおさか 大ホール 
       (地下鉄・谷町線/京阪電車「天満橋」駅より西に300m)

(主催) さよなら原発 関西アクション実行委員会


 安倍政権の「衣の下の鎧」が見透かされました。「裁量労働制」の拡大を求める「規制緩和」の国会論議で、「ミスリード誘導用」と呼べる資料まで混ぜ込んで、これが労働者に有利な「働き方の自由」につながると首相が答弁を行ったのです。しかし、その本質は「経団連」等の「働かせ方の自由」(労働時間の制限を取る。コストカットする)の拡大を図るものです。今、マスコミを騒がす「森友学園への国有財産の不法ダンピング譲渡」問題も含めて、庶民目線で言うと、「盗人猛々しい」政権の対応です。

 歴史を振り返れば、二度にわたる帝国主義国間の世界大戦と、その後の戦勝国の力による世界秩序再編は、東西冷戦体制をはじめ、朝鮮戦争、植民地独立戦争、パレスチナ問題、等、今日につながる諸問題を世界に広げました。1980年代以降、世界は「グローバル新自由主義」が席巻し、「世界資本主義」の行き詰まりに直面する中で、「新・帝国主義」とでも呼ぶべき新たな「世界秩序の再編」が進行しています。EU、アラブの春、内戦、排外主義、国家主義、少数民族、孤立主義、IS、トランプ現象等、今私達が立ち会っているのは、そのような流れの中で見ておくべきものです。日本の安倍政治も「新・帝国主義国家・社会再編」の枠組みの動きとして総合的に捉える必要があります(安倍の言う「戦後レジームからの転換」)。

 東日本大震災に絡む東電原発過酷事故から7年。事故の収束、復旧が見通せないまま、3・11が巡ってきます。原発を巡る問題は「核・原子力」国策として一体的に捉えておくべきものです。先日、米・トランプが新たな「核軍備拡大・強化」戦略を発表するや、安倍内閣はこれを「高く評価する」と応え、唯一の被爆国にはあるまじき政権の姿を晒しました。原発を巡る問題の主たる動きは以下のように指摘できます。○核燃サイクルの破綻(もんじゅ廃炉)、○司法による運転差し止め仮処分(四国電力・伊方3号機)、○40年越え運転期間延長、経済採算合わず(関電・大飯1.2号。廃炉)、○原発各地で住民運動(立地地元議会、首長の多くは再稼働容認派が取り込み。行政は原発「依存経済」から「廃炉経済」への切り替え責任を果たすべき)、○日米原発協定30年は自動延長に、○原発輸出と事業投資を事実上国が債務保証して促進(英国、日立。ODAと類似の構造。日立は次期「経団連」会長)。

 原発は「公害事業」(事業が産み出すゴミ(産業廃棄物)は、その企業が処分(無害化)する、又、処分ができないゴミを出す事業は社会的存在が許されない。電力会社の原子力事業は歴史上類を見ない公害事業(東電福島事故が生き証人。広範な時空間に及ぼす「人権」「生存権」侵害であり、処分できない核のゴミを出し続けることは「核ゴミの社会への垂れ流し」)。そのような原発(公害)を再稼働する権利は、電力会社はもとより、「規制委」の「適合審査」を盾にした政府にもありません。

 安倍政権の企てる「新・帝国主義社会転換」(戦後レジームからの転換)は、今後「安倍9条改憲」として「上からの国民動員」が進行するものと思います。米・トランプの「核兵器の戦略的拡大」を「高く評価する」安倍政権の論理の延長線上には、沖縄をはじめ米軍基地への「核兵器の持ち込み」や「配備」が引き寄せられます。安倍政権の「核・原子力一体化国策」の上に存在する「核の傘戦略」の否定と、「経団連」・「電事連」・「原発メーカー」の原発利権を廃絶させなければなりません。今こそ「被爆国民」としての「核廃絶の権利と義務」を駆使し、「核兵器」と「原発」を一体のものとして手を引かせる時です。




 憲法改悪に反対する市民フォーラム 第38回

(日時) 2018年2月18日(日)12:00~13:00

場所) 
JR大阪駅前南側歩道上(阪神と阪急百貨店をつなぐ歩道橋下)

(主催)9条改憲阻止共同行動(弊会も参加)。

  ※毎月JR大阪駅前で行われている街宣活動(チラシ配布とマイク情宣)です。 

 2月4日、沖縄、名護市長選は、辺野古新基地反対陣営が敗れました。安倍内閣は、秋の沖縄県知事選を視野に、辺野古新基地建設反対派排除への足掛かりとして、名護市長選への「基地反対票」の切り崩しを仕掛けました。①基地容認派候補には「辺野古問題」は県と国との裁判の結果に委ねるとして賛否を明言させず、➁「辺野古移設反対を」を掲げる公明党県本部を抱き込み、③名護市への「米軍再編交付金」をちらつかせました。誤解を恐れずに言えば、設問のしかたにより、アンケートの回答が左右できるのと同じように、「民意」が「投票」に動員される構造です。今回の結果は、安倍内閣の「辺野古移設」の企てを推進する地元の「民意」として使いまわされることになるでしょう。 先の衆院選では「希望の党」が分断の駒として使われ、今回は「公明党」がその役割を買ってでました。勢いに乗る安倍内閣は、自民改憲案のとりまとめを急ぎ、改憲に向けた「国民動員」に注力しようとしています。「安倍改憲」の企ては、単純に言えば、「米国と一体化する戦争参加」の整備です。言葉を変えれば、「戦争はできない」という「国(権力)への国民が課した縛り」を縛られる当の権力が自ら取り除くねらいです。これでは、「盗人が、法律を自分で変える」に等しい行為です。とりわけ、自民政治では、オバマ前大統領が広島を訪れ「核なき世界」を語った時、同調した安倍が、わずか1年半でトランプが「核軍拡」を表明すれば「高く評価する」ような日米の関係です。米国が世界中で侵攻を繰り返す現実に照らせば、「権力への歯止め」を取り除いた将来に想像力を働かせる時です。今、目の前にある「危機」の本体は、安倍内閣や一部マスコミによって、煽られる「東アジアの戦争の危機」でなく、トランプとその同調者安倍が創り出す「世界の軍事侵攻」(「東アジアの非核化」でなく「世界の非核化」こそ本題)と、その国内整備(あべ改憲)です。改憲に向けた安倍と一部マスコミの「上からの国民動員」の企てに立ちふさがり、「下からの国民運動」を結びつけてゆく時です。多くに皆さんの結集を呼びかけます。



   (2017年の活動案内は上記左側の
             「2017年活動案内」をクリックしてください)

活動案内

   許すな!戦争国家への転換と格差政策(9条改憲阻止/新自由主義政策反対)
  関 大 校 友 連 絡 会
    
  ノンセクト・ラディカル・コミニケ-ション・ネットワーク
   

反戦・反格差 市民講座

 市民講座

 第1回 市民講座

 第2回 市民講座

 第3回 市民講座

 第4回 市民講座

 第5回 市民講座

 第6回 市民講座

 第7回 市民講座
 
 第8回 市民講座

 第9回 市民講座

 第10回 市民講座

 第11回 市民講座


2017年活動案内

 連絡先
yousyokudou@yahoo.co.jp