金魚生産者が直送するから元気で安い!
金魚1尾8.8円〜ポイ1箱1980円…
金魚すくいのポイ・道具・セット・金魚販売から
金魚の管理方法、イベント講座、金魚すくいの極意まで、
金魚すくいのすべてを網羅する総本山


金魚が届いたら、水槽の準備をしよう!!

01 到着希望日当日

クロネコの配達員が金魚を運んできたら、料金をその配達員にお支払いください。
金魚は、写真のように箱に入れて送らせて頂きます。

   
02 金魚のプール(水槽)の準備をしよう!!

金魚が到着したらまずはプールを取り出し、ふくらませます。
水道水をプールにたっぷり(20cmくらい)入れます。
(金魚すくいをするときは水の深さは10cmくらいに減らして下さい)
カルキを抜くため、カルキ抜きを13粒ほど入れて、カルキ抜きを溶かしきってください。
(↑このカルキ抜きの量は、100cm×65cmのプールに20cmの水を入れた場合の量です)
5分ほどで溶けますので、これで水の用意は完了です。
また、金魚すくい中に水が少なくなったり、水が汚れるので、予備の水をバケツ2〜3杯分くらい用意しておいてください。

   
03 注意して下さい!!

ポリバケツなどの深い入れ物に金魚を入れないで!!

金魚を水槽に移そう!!

水槽の準備ができたら、すみやかに金魚を箱から出して下記の手順で水槽に移してください。
金魚は長時間の輸送で弱っているため、このまま翌日まで置いておくのは危険です。
(このままほっておいた場合、全滅の危険性もあります…)

どうして、すぐに金魚を水槽に移した方がいいの? それはね!!

金魚を楽に飼うには、1匹当たり10リットルの水が必要と言われています。それが、輸送時には約15リットルの水に400匹も入っている状態となります。
つまり、1匹当たり、0.0375リットルです。人間でたとえると、10m×10mの部屋に1人でいるのが楽な状態とすると、そこに266人詰め込んだ状態が輸送状態となります。
しかも、時期は夏場で暑く、輸送中は揺れます。その状態が長く続くとどうなるかは簡単に想像できると思います。

また、金魚は自分自身がアンモニアを放出するのですが、アンモニア濃度が一定ラインを超えると金魚は弱っていき、死亡してしまいます。死亡し出すと、死体からさらにアンモニアが多量に発生するため、他の金魚も続々と死亡していきます。これが多量死の原因でもあるのです!

上記理由から、袋に入っている時間は極力短ければ短いほど、水中のアンモニア濃度の上昇を抑えることが出来るため、リスクを低減することができます。
(到着後、すぐにプールに移して欲しいというのも上記の理由からです)
そんな状況からできるかぎり早く出してあげるためにも、「午前中指定」で「到着後はすぐに水槽に移す」ことをオススメしています。



どうしても金魚を水槽に移すことができない場合

どうしても水槽に移すことができない場合などは、1箱の金魚の数を減らせば、2日間箱の中においていても大丈夫な可能性が高くなります。
注文時にその旨お申し付けくだされば、金魚の数を調整いたします。
(箱の中に置いておく場合は、日陰で温度の変化の少ない場所(冷房や暖房のかかっていない場所)に安置しておいてください)
※1箱の金魚の数を減らしたとしても、絶対大丈夫なわけではなく、あくまで応急処置です。到着後すぐに開封するよりは金魚の死亡率は高くなりますのでできるだけ早くの開封をお願いいたします。

1箱あたり金魚400匹を→1箱あたり金魚200匹×2箱に

01 金魚の入った袋ごと水槽につけよう!!

箱から金魚の入った袋を取り出し、用意したプールに袋ごと20分ほどつけておきます。
(袋と水槽の水温差をなくすため)

 
02 水槽にエアー(空気)を入れよう!!

今の内に、プールにエアーを入れておきましょう。(もっと前に入れておいてもかまいません) うちで販売しているプールの場合、写真下のように角にちょうどエアーのホースを挟むことが出来ます。

 
03 水槽に岩塩を入れよう!!

水槽の塩分濃度が0.1%〜0.3%の濃度になるように岩塩を入れて上げてください。
(0.5%が金魚にとって一番負担の少ない環境なのですが、濃度が変わりすぎても良くないため、0.2%ぐらいをオススメします)
いっきに0.2%にすると金魚がびっくりするので、最初は0.1%分程入れたプールに金魚を入れ、その後じょじょに0.2%分まで塩を追加していきましょう。
長旅で疲れた金魚の体調がよくなりやすいです。
※0.2%の岩塩の量ってどれくらい?と思った人はこちら→塩浴時の塩の量計算
このプールの場合、100cm×65cm×20cm(水の深さ)ですから、0.1%の場合は塩の量は130g、0.2%の場合は塩の量は260gとなります。

 
注意して下さい!

岩塩は金魚を入れる直前に水に入れ、決してかき回さないでください。
岩塩が水に溶けきっていない状態が望ましいです。
そうすると、金魚を入れてからも徐々に岩塩が溶けていくことになるので、塩の濃度が徐々に上がるため、金魚が環境に適応しやすくなるんです♪

04 金魚の入った袋を開けよう!!

写真のように強く引っ張ればゴムがはじけ飛ぶのですが、かなり力がいりますので、開かない場合はカッターなどでゴムを切ってください。

05 金魚の入った袋を開けよう!!

袋の水は長時間の輸送で汚れているのでできるだけ入れないようにするために、金魚移し用ザルを使います。
袋の口を水がこぼれないようにしっかりもち、金魚移しようザルに袋の口を下に向け入れますそのまま、金魚がこぼれないようにゆっくりと袋を引き上げていきます。。

06 金魚を水槽へ移そう!!

金魚移し用ザルから金魚をプールに移します。

 

金魚を水槽に移した後の注意点!!

01 水槽にはエアーレーションは必須です。

水槽には必ずエアーポンプでエアーを入れてあげてください。
入れないと酸欠状態(水面で口をぱくぱくさせている状態)になり、そのままおいておくと死んでしまいます。
特に夏場は水中の酸素量が少なくなる(水温が上がると酸素飽和量が減る)のでご注意ください。

02 できるだけプールの水槽の量を多くして下さい。

金魚すくいをやるまでの間は、「できるだけプールの水の量を多く」してあげてください。
水の量が多いほうが、金魚の体調が悪くなりにくいためです。
金魚すくいをやるときは、適当な量まで水を減らしてください。

※金魚すくいの時に、「水深が深いと難しく」「水深が浅いと簡単」になりますので、状況に応じて水深を変更してみてください。

03 水温の急激な変化は厳禁です!!

水温の急激な変化は厳禁です。(金魚の病気・体調不良を招きます)
水温が変化しにくい場所に保管してください。
(段ボールなどでまわりを囲んだり、水量を多くして水温が変化しにくくするのも効果的です)
金魚の入ったプールは直射日光の当たる場所には置かないでください。
プールの置く場所は、水温が変化しにくい場所(「直射日光が当たらず」「風通しが良く」「熱がこもらない場所」「朝晩寒くなりすぎない場所」)がベストです。
室内の場合は、「冷房による急激な水温低下」「冷房を切った後の急激な水温上昇」が起こる可能性があるので、冷房・暖房に注意してください。

04 到着後、2〜3日は餌を与えないで下さい。

金魚が到着後、2〜3日は餌を与えないで下さい。
弱っている状態の金魚に餌を与えると、体調を崩しどんどん死んでいきます。
※金魚は通常1〜2週間エサを与えなくても大丈夫です。
(金魚は消化器官が未熟なため、輸送や金魚すくいなどで弱っている状態でエサを与えると、エサを消化することができずに死んでしまいます)  ※金魚すくいの後や、水替えの後など、金魚にストレスが加わった後は同様に1〜2日エサを与えないで下さい。

05 0.1%〜0.3%ぐらいの塩をいれて下さい。

水の量に対し、0.1%〜0.3%ぐらいの塩をいれてやると金魚の体調がよくなりやすいです。
((初はいっきに0.3%にしないで、0.2%くらいがいいと思います♪)
※0.1%〜0.3%の岩塩の量ってどれくらい?と思った人はこちら
塩浴時の塩の量計算

06 新しい水を追加してあげて下さい。

この水の量でも金魚を飼うときの必要な水量には足りません。そのため、水が汚れやすい状態と言えます。
金魚の管理の際で一番怖いのが、水の汚れによる死の連鎖です(大量死を招きます)。
それを防ぐためにも「夜を越した後(1日経過後)」「金魚すくい終了後(これは2日以上やる場合)」「水が汚れてきたと感じたとき(エアーの泡が消えにくい状態など)」などに、プールの水をバケツ何杯分か捨てて、その分新しい水を追加してあげてください。(もちろん、追加する水にもカルキ抜きを入れて下さい

★「金魚すくいの金魚の飼い方」を用意しておく

到着後の金魚の管理とはちょっと離れますが…
金魚すくいの金魚ってすぐに死ぬ」って、よく聞きませんか?
たしかに、輸送+金魚すくいで長時間追い回されて、通常よりも弱っているのは事実です…が、
飼い方を間違えていて死亡しているケースも多々あるんです!
そんな時にはこれ↓
金魚の飼い方 初心者用 失敗の少ない方法」をぜひ印刷して、金魚すくい後に金魚を持ち帰る人に渡してあげてください♪


(※一部の地域をのぞく)
基本はコレクト(代金引換)のみとなります。(タイム便の場合を除く)
※ご要望のある場合は、銀行振り込み(三井住友銀行)も対応可能です。
詳しくは、◆代金の支払い方法をご覧ください。
コレクト代として別途350円かかりますので、ご了承ください。

タイム便(北海道・東北・栃木県・九州(福岡をのぞく)・沖縄への金魚の発送)の場合は、コレクト(代金引換)を使用できないため、銀行振込みによる前払いのみとなります。
振込手数料はお客様ご負担となります。ご了承ください。

大和郡山(奈良県)からの発送となります。(クロネコ便)

ご検討されるときの目安として、送料一覧表をご覧ください。 箱数につきましては◆発送箱数をご覧下さい。
正式な箱数・料金はご注文後のメールにてお知らせいたします。
(金魚の数や季節により変わります。)

◆注文は到着希望日の3日前までに注文お願いいたします。
◆到着希望日は金魚をご利用になられる前日をオススメしています。
 ※前日がオススメの理由は◆到着希望日についてをご覧下さい。
◆配達は基本的に『午前中指定』でお送りします。(タイム便の場合は、『午前10時指定』)
 ※午前中指定の理由は◆時間指定についてをご覧下さい。

その他、詳しくは『注文する前に』をご覧ください。

恐れ入りますが、当店ではのしやラッピングのサービスは行っておりません。ご了承ください。
また、道具類の梱包は古新聞での梱包となります。
できるだけ安く金魚や道具を提供するためご了承お願いいたします
◆領収書
コレクト便の場合は「代引き金額領収書(送り状)」が
タイム便の場合は、金融機関発行の「ご利用明細票」等が税法上の「領収書」としてご利用頂けます。
経理の都合等で当店発行の領収書が必要な場合のみ、注文フォームの「領収書の宛名」にご指定お願いいたします。

◆購入明細書
ご注文商品とともに、段ボール箱に入れさせていただいております。到着後すぐに、ご確認ください。
明細書の同梱を希望されない場合は注文時にご指示お願いいたします。

◆返品・交換
金魚は生き物のため返品・交換ができません。道具はメールにてご相談ください。(未使用に限る)
詳しくは
◆金魚の死着について
◆道具の初期不良について
◆キャンセル・変更について
をご覧ください。
おねがい


トップ商品一覧注文する前にお問い合わせ特定商取引法表記金魚屋の息子


全国どこへでも金魚の配達・配送いたします。
北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

Copyright(C) 2005 金魚すくい本舗 All Rights Reserved.