《映画100年、駄作100選》

 

このコンテンツで紹介している“映画100年、駄作100選”とは、映画誕生100年を記念してアメリカ映画協会(AFI)が選定した“名作映画100本”のパロディとして、ヘイスティングス・バッド・シネマ・ソサエティー(HBCS)によって選定された駄作映画のことです。

1998年7月1日から同年12月31日まで行われた一般投票によって、まず20世紀を代表する駄作映画の候補として300種類の作品が選ばれました。さらに2000年1月1日から同年10月1日まで行われた一般投票によって、その中から102種類の作品が選定されました。ちなみに邦画では、『ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』が唯一選ばれています。

ただし、2000年公開作品の数本に関しては、後から付け加えられています。なお、数本の作品を一つにまとめている場合もありますので、単純に本数を数えると計算が合わなくなります。

ここでは、“映画100年、駄作100選”にエントリーされた作品の全タイトルの邦題と原題、アメリカでの公開年を、短いコメントを付けて掲載しています。ただし、日本で劇場公開やテレビ放映、ビデオ発売されていない作品、邦題が判明しなかった作品については、原題のままで表記しています。
各映画に対するコメントは、管理人が勝手に付けております。そのため、偏見や思い込みが入っている可能性がありますので、御注意下さい。

なお、『ポンコツ映画愛護協会』で掲載されている作品については、タイトル部分をクリックすると該当ページに飛ぶことが出来ます(戻る際はブラウザの「戻る」ボタンを使ってください)。ただし、作品の内容どころか、オチまで書いてしまっている場合があります。作品の内容を知りたくないという人は、読まない方が賢明です。

 

“映画100年、駄作100選”に選定された作品の全タイトル

残念ながら(?)選定から外れてしまったエントリー作品の全タイトル<前半>

残念ながら(?)選定から外れてしまったエントリー作品の全タイトル<後半>

 

*ゴールデン・ラズベリー・アワード・ファウンデーションとの違い

ラジー賞を選定しているゴールデン・ラズベリー・アワード・ファウンデーション(GRAF)でも、同じように「映画100年、駄作100選」ということで、250+α(合計297種類)のエントリー作品を一般投票にかけていたようです。
その内容はHBCSとほとんど同じですので、当サイトでは本数の多いHBCSのリストを掲載しています。以下に、GRAFとHBCSのエントリー作品の差を表記しておきます。

<GRAFだけでエントリーされた作品>

<HBCSだけでエントリーされた作品>

*内容についての言い訳

突っ込まれる前に、責任回避の言い訳をしておきます。
ここに書かれている内容は、管理人が英検3級レベルの稚拙な英語力で独自に調べたものです。
よって、間違っている可能性も否定できません。
というか、間違っていたら指摘して下さい。

また、内容に関する質問が来たとしても、答えられない場合も多いと思います。
なんせ、詳しいことは管理人にも分からなかったりするのです。
なぜなら前述のように、英語力が無いので。
逆に、詳しい人に管理人が質問したかったりするぐらいです。

ですので、もっと詳しいことが知りたいという人は、
管理人に質問するよりも、自分で調べた方が賢明だと思います。
いや、マジで。

 

*『映画無段』に戻る