タイトルバー(トップ共通)
ページ画像(Top1) ページ画像(Top2)

ボタン(Top)
ボタン(活動内容紹介)
ボタン(ご案内)
ボタン(記録)
ボタン(クラブのあゆみ)
ボタン(棚田の自然)
ボタン(散策マップ)
ボタン(会員コーナー)


2017年11月カレンダー
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
定例活動日 特別活動日

HPの更新記録
区切り線
更新日:2017年10月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年9月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年8月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年7月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年6月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・活動記録 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年5月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線




生駒山の南側に位置する小さな集落、生駒市西畑町。歴史に名高い「暗峠」から奈良側へ下る「暗越え奈良街道」沿いに、石垣積みの美しい棚田と里山が広がっています。休日には多くのハイカーが訪れます。しかし近年、兼業化、高齢化、後継者不足等の環境変化から休耕田が増え、荒廃が進みました。

“この素晴らしい景観を後世に残そう”・・・・地元自治会の要請に応じて10年程前に自然環境保全ボランティア「いこま棚田クラブ」が発足し、今日まで活動を続けています。毎週1回、草刈り、石垣出し、田畑の手入れ、援農、木々の間伐、竹林の整備などなどに汗を流しています。

クラブのメンバーは主として定年退職したシニア層と子育てを終わった主婦層。決して体力が十分とはいえませんが、活動を通じて自然の循環を肌で感じ、景観が美しくなって行くのを見ると何物にも代えがたい喜びを実感します。“ボランティアは大変”という声もありますが、逆に癒しを与えられ、棚田ライフを楽しませていただいているともいえます

誰もが懐かしさを感じる棚田・里山の風景、人と自然が共生し、多種多様な生き物の宝庫の棚田・里山。私たちの活動はほんの小さなものですが自然環境保全に少しでも貢献できればと願っています。
ページ画像(Top3)
 ボタン(Top-地図)   ボタン(Top-航空写真)・・・ 

 ボタン(Top-今月の活動計画)   ボタン(Top-お知らせ)   ボタン(Top-トピックス)
タイトルバー(Top-今月の活動計画)
11月の活動概要 棚田定例活動(草刈り、石垣出し、畑・花畑手入れ)、向山整備活動
朝日親と子の自然環境教室、菜の花クラブ活動
11月の活動日 行事 < 活動内容 >   活動内容は天候によって変わります
11/5( 朝日親と子の自然環境教室(サツマイモ掘り、里山遊び)、菜の花クラブ
向山整備活動、その他自主活動(畑・花畑の手入れ)
11/13(月) 向山整備活動、その他自主活動(草刈り、畑・花畑の手入れ)
いこま山のようちえん
11/19( 地元と共同活動(共同草刈り)
向山整備活動、その他自主活動(畑・花畑の手入れ)
11/27(月 棚田定例活動(草刈り、石垣出し、畑・花畑手入れ)
いこま山のようちえん 
◆12月の活動日 12/3(日) 12/11(月) 12/17(日) 12/25(月)  
リストマーク(□)集合場所と時間:

リストマーク(□)持ち物 :

リストマーク(□)連絡先:
・近鉄生駒駅下車 ・南口側ケーブル鳥居前駅西隣り ・セブンイレブン様 駐車場前 ・9:00集合出発(現地まで車で移動15分)

・弁当 ・飲み物 ・軍手 ・長靴(予備もあります。)

・事務局      : 大寺道代   tel&fax:0743-79-1544
・教育実習担当  : 新居延之  携帯tel:090-9868-1860
                     e-mail: 
esperanz@kcn.ne.jp
       詳細はボタン(クラブのご案内)をご覧ください。
タイトルバー(Top-お知らせ)
昨年に引き続き「ナラ枯れ調査」を実施します

 “ナラ枯れ”の発生に伴い、生駒市では昨年・一昨年の2年に亘って森林ボランティア団体による「ナラ枯れ調査」が実施されましたが、今年も引き続き実施することとなり当クラブも委託を受けました。
当クラブは昨年と同じ生駒市南部地区を担当、調査チーム4チームで市街地、自動車道、ハイキング道の被害木の有無を調査します。



担当エリア
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
タイトルバー(Top-トピックス)
2017年  INDEX 
10月
当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。
 “グリーンレンジャーが棚田・里山体験会
今年の「菜の花クラブ」の活動がスタートしました
平成29年度の里山林(向山)整備作業がはじまりました
9月
9月25日(月) 稲の脱穀作業
お花畑のヒガンバナ
ナンバンギセル(南蛮煙管)が開花
今年も田んぼがイノシシ被害
8月
猛毒キノコ「カエンタケ」が向山でも発生
8月6日 夏休みイベント「里山で遊ぼう・自然工作」を開催しました
7月
7月16日(日):地元との「共同草刈り」が行われました
「ツチアケビ」と「キヌガサタケ」を観察
6月
川辺のアジサイがやっと見ごろに・・・
南高梅」を収穫 
地元の皆さんと共同作業(道路掃除)を行いました
菜種を収穫
“イシガメ”現れる・・・
6月3日(土) 生駒山スカイウォークにスポット出店
イノシシ防護柵を新たに設置
5月
小学校の遠足で棚田が大賑わい
近畿大学農学部が里山実習
5月21日(日) 田植えイベントを行いました
生駒市ふろーらむの春イベントに出展しました。

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。
区切り線
区切り線
2017年
10月
 “グリーンレンジャーが棚田・里山体験会 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

10月21日(土)、摂津市立三宅柳田小学校(通称:α教室 グリーンレンジャーMY)の子供達15名、指導者7名が棚田・里山体験会で来訪。当日は雨天でしたが子供達の熱意に負けて実施されました。午前はサツマイモ掘り、里山探検、竹伐り体験、午後は自然工作遊びと棚田のお話など・・・。農事体験と遊びを通じて棚田・里山の大切さに触れていただきました。
  
画像 ▶ 1  3  4  5  6  7  8  9  10  スライドショー

サツマイモ掘り
区切り線
今年の「菜の花クラブ」の活動がスタートしました 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

ならコープの会員さんを中心とした今年度の「菜の花クラブ」の取り組みが始まり、10月15日にオリエンテーションと種蒔き作業が行われました。今年は22家族77名の皆さんが参加登録されました。初回活動日のお天気はあいにくの雨模様、ご参加いただいた御家族は少なくなりましたが、来年春の“菜の花まつり”を目指して、自然体験を楽しみながら菜の花の栽培に取組んでいただきます。
  画像 ▶ 1  2  3  5  6  7  8  9   スライドショー

種蒔き作業
区切り線
平成29年度の里山林(向山)整備作業がはじまりました 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

平成29年度の里山林(向山)整備作業が10月から始まりました。第三次「地域で育む里山づくり事業5カ年計画」の2年目にあたります。今年の整備エリアは向山山頂西部に位置し、現場までの行き来が大変です。またナラ枯れの大木も多く、タフな整備作業が強いられそうですが来年2月整備完了を目指して取り組んでいきます。
  画像 ▶ 1  2  3  4  5  6  7   スライドショー

ナラ枯れの大木処理
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
9月
 9月25日(月) 稲の脱穀作業 

前週、稲刈りとはざ架けした稲の脱穀作業が行われました。昔ながらの「脱穀機」による作業です。秋晴れの中、近畿大学農学部の学生さんに頑張っていただきました。また、いこま山幼稚園の園児達にも稲束の運搬作業をお手伝いしていただきました。今年はイノシシ被害の影響で残念ですが減収となりました。
 画像▶ 1  3  4  5  6  7  8  9  

脱穀作業風景
区切り線
 お花畑のヒガンバナ 

9月のお花畑はコスモスが満開です。そのコスモスを縁取るように、畦沿いにヒガンバナが咲きほこっています。秋のお彼岸になると必ず咲いてくれるヒガンバナ、不思議ですね。ヒガンバナは“不吉な花”として嫌う人もいるようですが秋の棚田を彩っています。
 画像▶ 2  3  4  5  6  7  

畦沿いのヒガンバナ
区切り線
 ナンバンギセル(南蛮煙管)が開花 

ナンバンギセルが観察されました。当クラブが活動しているエリアでナンバンギセルが観察されるのは初めてで、植物好きのメンバーは大喜びです。調べてみると、クラブの某メンバーが昨年10月、休耕田に繁茂するオギの株元にナンバンギセルの種?(枯れた花がら)を試しに散布しましたものが見事に寄生したものでした。
 画像▶ 1  3  4  5  6  

ナンバンギセル
区切り線
 今年も田んぼがイノシシ被害 

5月に田植えした4枚の田んぼに今年もイノシシ被害が発生。今年は新たな防護柵を設置しましたが結果的には昨年より被害が拡大しました。侵入箇所を発見し処置を施してもまたまた破られる・・・。イノシシも生きていくのに必死なのでしょうか? イノシシと人間の知恵比べです。
 画像▶ 2  3  4  5  6  7 

被害を受けた田んぼ
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
8月
猛毒キノコ「カエンタケ」が向山でも発生 

数年前から生駒山山麓に発生が報じられていた猛毒キノコ『カエンタケ』、当クラブが活動している西畑町の里山(向山)でもとうとう発生が確認されました。発生場所のほとんどはナラ枯れで枯死したコナラの株元、今後、秋に向かって大量発生が懸念されます。
当クラブでは被害発生を防止するために、遊歩道周辺の定期的な調査、除去、発生場所(枯死したコナラ)のマーキング、警告看板の設置などの措置を講じていきます。
 画像▶ 1  2  3  4  5  6  7  9  10  11 

カエンタケ
区切り線
8月6日 夏休みイベント「里山で遊ぼう・自然工作」を開催しました 

奈良県の「山と森林の月間」に協賛して当クラブでも市民参加の夏休みイベント「里山で遊ぼう・自然工作」を開催。台風5号の接近でお天気がちょっと心配されましたが11家族43名の皆さんが訪れました。
竹工作・川遊び
・野遊び・山遊び、お昼には冷やしソーメンやシソジュースなどなどのおもてなし。盛りだくさんのメニューで夏休みの一日を楽しんでいただきました。
 画像(午前)▶  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  
    (午後)▶  2  3  4  5  6  7  8  9   

イベント風景
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
7月
7月16日(日):地元との「共同草刈り」が行われました 

この時期に毎年行われる「共同草刈り」が行われました。地元の「棚田を守る会」の皆さんと当クラブメンバー総勢20名が集合。日頃手の届かない休耕田の草刈り作業です。草刈り後の棚田はスッキリ・・・・、気持ちもスッキリ。しかしこの時期は刈っても刈ってもまた伸びてきます。雑草の生命力には頭が下がります。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8    

草刈り作業
区切り線
「ツチアケビ」と「キヌガサタケ」を観察 

毎月一回行っている西畑町の植生調査、今月の調査では某箇所で「ツチアケビ」と「キヌガサタケ」が観察されました。いずれもレッドデータリストに登録されている希少種。めったに観察できないものですのでちょっと感激。秋にはツチアケビの真っ赤な果実が観察ができるのでは?・・・と期待しています

  
画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  

ツチアケビ
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
6月
 川辺のアジサイがやっと見ごろに・・・

6月26日(月)、ベースキャンプや神田川沿いのアジサイがやっと見ごろになりました。例年ですと6月中頃に見ごろになりますが今年は2週間程開花が遅れました。色や形も多彩で棚田に彩りを添えています。鬱陶しい梅雨のシーズン、そんな時期でも和ませてくれるのがアジサイです。
 画像▶ 1  2  4  5  6  7  8   

川辺のアジサイ
区切り線
 「南高梅」を収穫 

南高梅の収穫作業を行いました。休耕棚田に南高梅の苗木
を植えてから8年余、木も大きく成長し今年は約40~50Kgの梅を収穫することができました。収穫した梅は梅干しに加工されます。
 画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

南高梅の収穫作業
区切り線
 地元の皆さんと共同作業(道路掃除)を行いました 

6月は「環境月間」、例年実施している西畑町の道路沿いの溝掃除を地元の皆さんと行いました。総勢50人以上、国道308沿いの全域、自治会館から道願寺までの道路、旧暗越え奈良街道の細道など、広範囲に亘って行われました。
 画像▶  2  3  4  5  6  7    スライドショー

道路沿いの溝掃除
区切り線
 菜種を収穫  

ならコープの菜の花クラブの会員さんと当クラブの共同で菜種を収穫しました。6月7日に刈り取りとはざ架け、21日には手作業の脱穀が行われました。収穫量は約30Kg、昨年10月の種蒔きからスタートした「菜の花エコプロジェクト」の活動もあとは「搾油」を残すのみとなりました。 
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9  10 

菜種の収穫
区切り線
 “イシガメ”現れる・・・ 

12日(月)の活動日、いこま山ようちえんの園児が“イシガメを見つけました。ベースキャンプ横の神田川から這い出てきたようです。大きさ(体長20㎝余)からかなりの高齢と思われます。イシガメの寿命は20~30年ほどといわれますが、今年で15年目の当クラブの活動を、このカメちゃんは川の中からずっと見つめてきたのでしょうか?
 画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10  

イシガメ
区切り線
 6月3日(土) 生駒山スカイウォークにスポット出店 

生駒市の恒例行事“生駒山スカイウォーク(生駒市主催)”を盛り上げるために、今年も地元の皆様と一緒に出店しました。地元はフキ、レタス、昔ながらのお漬物などの販売、当クラブは野草茶のふるまい、ニンニクの販売、竹コップつくりなどを行いました。生駒市長さんも立ち寄られ大盛況でした。
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9  10  

スカイウォークに出店
区切り線
 イノシシ防護柵を新たに設置 

ここ数年、当クラブもイノシシ被害に悩まされています。田んぼ・菜の花畑・野菜畑・お花畑などが毎年被害を受けています。特に田んぼは収穫時期に被害が発生しています。山裾沿いや大切な耕作地には既に防護柵を設置していますが、完全には防御できていないのが現状です。そこでイノシシ対策を強化するために新たに防護柵が設置されました。全長約150メートル、ワイヤーメッシュを用いた防護柵です。
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8   

新設のイノシシ防護柵
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
5月
小学校の遠足で棚田が大賑わい 

5月15日に生駒市南小学校3年生60名、29日には生駒市南第2小学校3年生40名の児童が西畑の棚田・里山を遠足で訪れました。野遊び・川遊び・里山遊び・・・日頃の遊びと環境と異なるためか、こども達もちょっと興奮気味。自然がいっぱいの棚田・里山を思いっきり楽しんでいました。
  画像▶ 1  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
      13  14  15
  16  17  18  19  20   

小学校の遠足
区切り線
近畿大学農学部が里山実習 

近畿大学の学生さんによる里山実習が今年も4月24日、5月15日、29日計3回実施されました。当実習は農学部環境管理学科の正課として例年実施されています。里山内の遊歩道づくりなどの体験学習を通じて、棚田・里山の現状と、保全に取組む地元と当クラブの活動の一端に触れていただきました。
  画像▶  1  2  3  4  5  6  7  8  10  

遊歩道づくり
区切り線
5月21日(日) 田植えイベントを行いました 

いこま山のようちえん、サークルえん、寿大学、近畿大学の学生さんなどなど計5団体、総勢96名が大集合、好天に恵まれた棚田で田植えを行いました。ほとんどの皆さんが田植え初体験!。初めて足を踏み入れた田んぼの感触、最初こそ恐る恐る足を入れていた田んぼも、子どもたちには格好の遊び場となり、笑顔がいっぱいの田植えとなりました。農業の大切さ・素晴らしさを感じてほしいと毎年行われている農事体験イベント、9月の稲刈り体験にもまたきてください!・・・・・。
  画像▶  1  2  3  4  6  7  8  9  10  11  12
       13  14   

田植え風景
区切り線
生駒市ふろーらむの春イベントに出展しました。 

5月21日(日
生駒市の春の恒例行事「花・緑まちづくりフェスタinふろーらむ」に出展しました。会場は生駒市花のまちづくりセンターふろーらむ、
5月としては珍しい30℃を越える真夏日となりましたが、多数の市民参加があり大盛況となりました。当クラブブースでも約500名の皆さんに自然工作ワークショップで楽しんでいただきました。
  
画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
      13  14  15  

ふろーらむ春イベント
区切り線
区切り線

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。

区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)