タイトルバー(トップ共通)
ページ画像(Top1) ページ画像(Top2)

ボタン(Top)
ボタン(活動内容紹介)
ボタン(ご案内)
ボタン(記録)
ボタン(クラブのあゆみ)
ボタン(棚田の自然)
ボタン(散策マップ)
ボタン(会員コーナー)




2021年 9月 カレンダー
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
定例活動日 特別活動日

HPの更新記録
区切り線
更新日:2021年8月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2021年7月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2021年6月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・お知らせ ・会員コーナー
区切り線
更新日:2021年5月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2021年4月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2021年3月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
区切り線




生駒山の南側に位置する小さな集落、生駒市西畑町。歴史に名高い「暗峠」から奈良側へ下る「暗越え奈良街道」沿いに、石垣積みの美しい棚田と里山が広がっています。休日には多くのハイカーが訪れます。しかし近年、兼業化、高齢化、後継者不足等の環境変化から休耕田が増え、荒廃が進みました。

“この素晴らしい景観を後世に残そう”・・・・地元自治会の要請に応じて15年程前に自然環境保全ボランティア「いこま棚田クラブ」が発足し、今日まで活動を続けています。毎週1回、草刈り、石垣出し、田畑の手入れ、援農、木々の間伐、竹林の整備などなどに汗を流しています。

クラブのメンバーは主として定年退職したシニア層と子育てを終わった主婦層。決して体力が十分とはいえませんが、活動を通じて自然の循環を肌で感じ、景観が美しくなって行くのを見ると何物にも代えがたい喜びを実感します。“ボランティアは大変”という声もありますが、逆に癒しを与えられ、棚田ライフを楽しませていただいているともいえます

誰もが懐かしさを感じる棚田・里山の風景、人と自然が共生し、多種多様な生き物の宝庫の棚田・里山。私たちの活動はほんの小さなものですが自然環境保全に少しでも貢献できればと願っています。
ページ画像(Top3)
 ボタン(Top-地図)   ボタン(Top-航空写真)・・・ 

 ボタン(Top-今月の活動計画)   ボタン(Top-お知らせ)   ボタン(Top-トピックス)
タイトルバー(Top-今月の活動計画)
9月の活動概要 棚田定例活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、田んぼ、草刈り)
稲刈り・はさ架けイベント、 菜の花畑準備、 いこま山のようちえん
9月の活動日 行事 < 活動内容 >   活動内容は天候によって変わります
9/5 (
定例作業(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、田んぼ、草刈り、他)
9/13 (
定例作業(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、田んぼ、草刈り、他)
イベント準備、いこま山のようちえん
9/19( イベント 稲刈り・はさ架けイベント(午前) 、山遊び(午後)
その他自主活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、草刈り、他) 
9/ 27 (
稲の脱穀作業、菜の花畑準備、いこま山のようちえん
その他自主活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、草刈り、他) 
◆10月の活動日 10/3() 10/11 10/17() 10/25(月)
リストマーク(□)集合場所と時間:

リストマーク(□)持ち物 :

リストマーク(□)連絡先:
・近鉄生駒駅下車 ・南口側ケーブル鳥居前駅西隣り ・セブンイレブン様 駐車場前 ・9:00集合出発(現地まで車で移動15分)

・弁当 ・飲み物 ・軍手 ・長靴(予備もあります。)

・教育実習担当  : 新居延之  携帯tel:090-9868-1860
                     e-mail: 
esperanz@kcn.ne.jp
       詳細はボタン(クラブのご案内)をご覧ください。
タイトルバー(Top-お知らせ)
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
タイトルバー(Top-トピックス)
2021年  INDEX 
8月

‘全員・共同活動’で「竹伐り作業」を応援
お花畑のジンジャーの花
猛毒キノコ「カエンタケ」が再び発生
8月1日夏休みイベント「生駒の棚田・里山で遊ぼう」を開催しました
7月
7月18日(日)地元の皆さんとの「共同草刈り」が行われました
6月
里山(向山)整備計画について生駒市の「現地確認」が実施されました
川辺のアジサイが満開・・

6月20日(日)地元の皆さんと共同作業(道路清掃)を行いました
菜種を収穫
5月 小学校の遠足で棚田が大賑わい
5月13日(木) 田植えをしました
キンラン、ギンランが観察されました
いこま山のようちえんが“どろんこ遊び”
4月
クラブ内で向山の観察会を行いました
新緑の棚田にたなびく‘こいのぼり’
ならっぴクラブ西畑の活動(第4回目)
里山の山桜(ヤマザクラ)

3月

令和2年度里山林(向山)整備状況の確認検査がありました
いこま山のようちえんの園児が卒園の挨拶
3月7日 “しこれん”が棚田・里山体験会
イノシシが‘罠(わな)’にかかりました

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。
区切り線
区切り線
2021年    
 8月
‘全員・共同活動’で「竹伐り作業」を応援 

日頃は「竹グループ」メンバー数名で実施している竹林整備活動、月末の定例活動日(29日)は‘全員・共同活動’として10数名のメンバーが応援参加して行われました。場所は町内市道沿いの繁茂した竹林。道路法面でちょっと注意を要する作業環境。また道路上での作業も伴い、車の通行にも注意しながらの作業。竹の伐倒、分断、枝払い、集積・・・手分けしながら作業が進められました。
  画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10

竹伐り作業
区切り線
 お花畑のジンジャーの花 

猛暑日が続く8月末、お花畑のジンジャー(花生姜)がきれいに咲き始めました。甘い匂いが街道周辺に漂っています。人の背丈ほどに大きく成長した株の先端に、純白の花を次々と咲かせ9月中頃まで楽しませてくれます。夏のお花畑には百日草、キバナコスモスなども咲き誇っています。
  画像▶  2  3  4  5  6  7
  8 

ジンジャーの花
区切り線
 猛毒キノコ「カエンタケ」が再び発生  

数年前から生駒山山麓に発生が報じられている猛毒キノコ『カエンタケ』。当クラブが活動している里山(向山)では2017年に発生が確認され、以降確認されませんでした。ところが今年の夏、再び発生しているのが確認されました。猛暑と長雨という天候不順と何か関係があるのでしょうか?。発生場所はナラ枯れで枯死したコナラの株元。今後秋に向かって大量発生が懸念されます。 当クラブでは被害発生を防止するために、遊歩道周辺の定期的な調査、除去、発生場所に警告看板の設置などの措置を講じています。
  画像▶  2  3  4  
5(警告看板)

カエンタケ
区切り線
 8月1日夏休みイベント「生駒の棚田・里山で遊ぼう」を開催しました 

奈良県の「山と川の月間」に協賛して当クラブでも市民参加の夏休みイベント「生駒の棚田・里山で遊ぼう」を開催。コロナ感染対策、熱中症対策をしながらのイベントでしたが17家族51名の皆さんが訪れました。川遊び、山遊び、竹工作遊び、お昼には梅ジュースやシソジュースなどなどのおもてなし。盛りだくさんのメニューで夏休みの一日を楽しんでいただきました。
  画像(午前)▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
  画像(午後)▶  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

夏休みイベント
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 7月
7月18日(日)地元の皆さんとの「共同草刈り」が行われました 

この時期に毎年行われる「共同草刈り」が行われました。地元の「棚田を守る会」の皆さんと当クラブメンバー総勢約20名が集合、日頃手の届かない場所の草刈り作業です。今回は国道308号沿いの休耕田を中心に行われました。草刈り後の棚田はスッキリ・・・・、気持ちもスッキリ。しかしこの時期は刈っても刈ってもまた伸びてきます。
  画像▶   2  3  4  5  6  7  8  9

草刈り風景
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 6月
里山(向山)整備計画について生駒市の「現地確認」が実施されました 

「生駒市地域で育む里山づくり事業」が、今年度より新しい「3ヶ年計画」としてスタートします。当クラブも新3カ年計画を策定し、里山(向山)の整備活動に継続して取り組んでいきます。今年度は向山西部地区で、平成26年度に整備した地域の再整備を計画しております。6月25日(金)、当計画を踏まえて生駒市関係者により今年度整備地域の「現地確認」が実施されました。
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9 

現地確認風景
区切り線
 川辺のアジサイが満開・・・ 

ベースキャンプや神田川沿いのアジサイが咲き誇っています。150株、約20種、色や形も多彩で棚田に彩りを添えています。鬱陶しい梅雨のシーズン、そんな時期でも和ませてくれるのがアジサイです。
 画像▶   2  3  4  5  6  7  8  9  10 

水車横のアジサイ
区切り線
■ 6月20日(日)地元の皆さんと共同作業(道路清掃)を行いました 

6月は「環境月間」、例年実施している西畑町の道路清掃を地元の皆さんと行いました。
国道308号沿いの全域、自治会館から道願寺までの道路、道願寺から308号へ抜ける里道など。地元18名、当クラブ38名、総勢56名で道路沿い側溝の溝さらい、道路際の草刈り、堆積汚泥の除去などの清掃作業を行いました。
 画像▶   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 

作業前ミーティング
区切り線
 菜種を収穫 

6月6日(日)、コロナ禍の影響で一般会員(市民)の皆さんは不参加でしたが、ならコープのスタッフの皆さんと当クラブメンバー共同で ‘菜種の収穫作業’が行われました。刈り取りと脱穀、脱穀が難しい乾燥不十分の株はざ架け作業が同時に行われました。脱穀作業では初めて「足踏み式脱穀機」が活躍しました。収穫量は約15Kg。昨年10月の種蒔きからスタートした「ならっぴクラブ西畑」の活動も、あとは「搾油」を残すのみとなりました。 
 画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10 

菜種の収穫作業
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 5月
 小学校の遠足で棚田が大賑わい 

5月10日(月)に生駒南小学校3年生69名、5月24日(月)に生駒南第2小学校3年生40名、合計109名の児童が西畑の棚田・里山を遠足で訪れました。野遊び・川遊び・山遊び・・・。日頃の遊びと環境が異なるためか子供達もちょっと興奮気味で棚田・里山の自然を満喫していました。私達クラブメンバーも子供たちの歓声に元気をもらいました。
 ▶画像(南小学校) ▶ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
 
▶画像(南第2小学校) 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  
11

小学校の遠足
区切り線
■ 5月13日(木) 田植えをしました 

毎年恒例の田植え、当初16日(月)の予定でしたが苗の育ちが早いため、前倒しで13日(木)に行いました。一般市民の皆様にも参加していただく予定でしたがクラブメンバーのみの田植えとなりました。機械による田植えが一般的ですが私達は昔ながらの手植えの田植えです。田植えは2時間ほどで無事終わりました。水管理、施肥、草取り、畦の草刈り、イノシシ柵の管理など、秋の収穫に向かって田んぼ作業が待っています。
  画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10

田植え
区切り線
■ キンラン、ギンランが観察されました 

整備に取り組んでいる里山(向山)の林内で‘キンラン’(金蘭)、‘ギンラン’(銀蘭)が開花しているのが観察されました。当クラブの活動エリアでキンラン、ギンランが観察されるのは初めてです。それも2種を同時に観察できて植物好きのメンバーは大喜び。いずれも奈良県レッドデータに登録され絶滅が危惧されている希少な種です。
西畑町の植生の豊かさが実感されます。
  
画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9

キンラン、ギンラン
区切り線
 いこま山のようちえんが“どろんこ遊び” 

5月9日(日)ポカポカ陽気の青空のもと、いこま山のようちえんが “どろんこ遊び”をしました。田植え前の水が張られた田んぼ、ちょっと冷たい田んぼの水、初めは恐る恐る足を入れていた子どもたち。どろんこになって、鬼ごっこ、かけっこ、どろんこ合戦などなど・・・・。園児、保護者が一緒になって思う存分楽しんでいました。滅多に見ることが出来ないどろんこ遊びの光景でした。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10

どろんこ遊び
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 4月
 クラブ内で向山の観察会を行いました 

週一回の活動日はいつも作業に追われている当クラブですが、“お楽しみタイム”も必要とのことで、4月26日の午後、全員で新緑の里山(向山)をトレッキングしながら観察会を行いました。約1時間程の行程ですが多くの草木が観察され、某希少種の群落にはちょっと感激しました。10数年前から整備に取組んできた向山、林床が明るくなり植生が豊かになっていることを実感しました。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  

向山観察会
区切り線
 新緑の棚田にたなびく‘こいのぼり’ 

5月の子どもの日を前に地元の方が棚田に‘こいのぼり’を掲げてくれました。子どもたちの健やかな成長と新型コロナの終息を願ってとのこと。春風に乗って大きくたなびくこいのぼり、私達の目を楽しませてくれます。
  画像▶  1  3  4  5  6 

こいのぼり
区切り線
 ならっぴクラブ西畑の活動(第4回目) 

4月18日(日)雨上がりでちょっと肌寒い日、ならっぴクラブの活動(第4回目)が行われました。朝一番にSDGs(持続可能な開発目標)についての勉強、その後開花した菜の花の観察会。昨年10月に種蒔きし、世話をしてきた菜の花がきれいに開花し楽しさもひとしおだったのではないでしょうか。午後はさくら広場で自然工作(アルミ缶の風車づくり)とお山の遊戯で遊んでいただきました。
  画像  1  3  4  5  6  7  8  9  10 

菜の花畑
区切り線
 里山の山桜(ヤマザクラ) 

‘桜(ソメイヨシノ)’が散り始めた4月初旬、西畑町の里山(向山)の‘山桜’が今年もきれいに咲きました。山桜の淡いピンク色と新芽の赤や黄緑とのコントラスト、その美しさに思わず見とれました。こんな春のお山を“山が笑う”というのですね。当クラブが長年整備に取組んでいる里山、毎年景観がきれいになっているのではと感じています。
  画像▶  1  3  4  5  6  7  8 
 9 

里山の山桜
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 3月
 令和2年度里山林(向山)整備状況の確認検査がありました 

3月11日(木)に生駒市、17日(水)には奈良県関係者による令和2年度の里山林(向山)整備状況の確認検査があり無事終了しました。今回でもって平成28年にスタートした「第三次地域で育む里山づくり事業5カ年計画」の最終年度が完了しました。当事業は今年度からは「3年計画」として、新たな形態で継続される予定です。
  画像  1  2  3  4  6  7  8  9

里山整備確認検査
区切り線
 いこま山のようちえんの園児が卒園の挨拶 

3月15日(月)、3月で卒園する「いこま山のようちえん」の園児6名から卒園の挨拶があり、プレゼントと感謝状をいただきました。毎月2回(第2・4月曜日)棚田を訪れる“いこま山のようちえん”。自然の中で自由に遊びを見つけて成長していく園児たち。元気な園児達に触れ合い私達も元気づけられています。挨拶終了後、最後のお遊びとして、シイタケ植菌作業体験とお山の遊具で遊んでいただきました。
  画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10 
 11

山のようちえんが卒園
区切り線
 3月7日 “しこれん”が棚田・里山体験会 

春の到来を感じる暖かい日、生駒市子供会育成連絡協議会(通称:しこれん)の子供リーダー20名、先生2名が棚田・里山体験会で来訪。午前は「間伐作業」と「シイタケ植菌作業」、午後は「お山の遊具遊び」と「工作遊び(竹ブンブン作り)」。鋸で木を伐ったり電気ドライバーで穴あけたり・・・・。作業体験と山遊びを通じて里山の大切さ・楽しさに触れていただきました。
  画像▶(AM)  2  3  4  5  6  7  8 
      (PM)  1  2  3  4  5  6

しこれん来訪
区切り線
 イノシシが‘罠(わな)’にかかりました 

3月7日の定例活動日の朝一番、現地(西畑町自治会館)に出向くと地元の方からイノシシが捕獲されたとのニュース。早速数名のクラブメンバーが現場を見学。地元農家が休耕田に設置した「箱わな」にイノシシがかっていました。イノシシ被害には毎年悩まされていますが、イノシシを直接観察できるのは珍しく、早速メンバーがシャッターを切っていました。‘牙’が確認できないので若いメスかな?・・・。ちょっとかわいそうですが殺処分されるそうです。
  画像▶  2  3  4  5  6  7

イノシシ捕獲
区切り線
区切り線

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。

区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)