タイトルバー(トップ共通)
ページ画像(Top1) ページ画像(Top2)

ボタン(Top)
ボタン(活動内容紹介)
ボタン(ご案内)
ボタン(記録)
ボタン(クラブのあゆみ)
ボタン(棚田の自然)
ボタン(散策マップ)
ボタン(会員コーナー)


2017年7月カレンダー
           
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
定例活動日 特別活動日

HPの更新記録
更新日:2017年6月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・活動記録 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年5月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年4月29日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年3月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・棚田の自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年2月28日
更新内容: ・活動計画・トピックス
 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2017年1月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
 ・クラブ歩み・活動記録 ・会員コーナー
区切り線

生駒山の南側に位置する小さな集落、生駒市西畑町。歴史に名高い「暗峠」から奈良側へ下る「暗越え奈良街道」沿いに、石垣積みの美しい棚田と里山が広がっています。休日には多くのハイカーが訪れます。しかし近年、兼業化、高齢化、後継者不足等の環境変化から休耕田が増え、荒廃が進みました。

“この素晴らしい景観を後世に残そう”・・・・地元自治会の要請に応じて10年程前に自然環境保全ボランティア「いこま棚田クラブ」が発足し、今日まで活動を続けています。毎週1回、草刈り、石垣出し、田畑の手入れ、援農、木々の間伐、竹林の整備などなどに汗を流しています。

クラブのメンバーは主として定年退職したシニア層と子育てを終わった主婦層。決して体力が十分とはいえませんが、活動を通じて自然の循環を肌で感じ、景観が美しくなって行くのを見ると何物にも代えがたい喜びを実感します。“ボランティアは大変”という声もありますが、逆に癒しを与えられ、棚田ライフを楽しませていただいているともいえます

誰もが懐かしさを感じる棚田・里山の風景、人と自然が共生し、多種多様な生き物の宝庫の棚田・里山。私たちの活動はほんの小さなものですが自然環境保全に少しでも貢献できればと願っています。
ページ画像(Top3)
 ボタン(Top-地図)   ボタン(Top-航空写真)・・・ 

 ボタン(Top-今月の活動計画)   ボタン(Top-お知らせ)   ボタン(Top-トピックス)
タイトルバー(Top-今月の活動計画)
7月の活動概要 棚田定例活動(草刈り、石垣出し、畑・花畑手入れ)、地元と共同作業、
里山林整備の準備
、イベント準備
7月の活動日 行事 < 活動内容 >   活動内容は天候によって変わります
7/2 定例作業 (草刈り、石垣出し、畑・花畑の手入れ)、里山林整備の準備
7/10(月) 定例作業 (草刈り、石垣出し、畑・花畑の手入れ)里山林整備の準備、 いこま山のようちえん
7/16( 地元と共同活動(共同草刈り)その他自主活動(畑・花畑の手入れ)
/24(月 定例作業 (草刈り、石垣出し、畑・花畑の手入れ)
奈良県山と川の月間イベント準備
、いこま山のようちえん
7/30( 定例作業 (草刈り、石垣出し、畑・花畑の手入れ)
奈良県山と川の月間イベント準備
◆8月の活動日 8/6(日) 8/14(月) 8/20(日) 8/28(月) 
リストマーク(□)集合場所と時間:

リストマーク(□)持ち物 :

リストマーク(□)連絡先:
・近鉄生駒駅下車 ・南口側ケーブル鳥居前駅西隣り ・セブンイレブン様 駐車場前 ・9:00集合出発(現地まで車で移動15分)

・弁当 ・飲み物 ・軍手 ・長靴(予備もあります。)

・事務局      : 大寺道代   tel&fax:0743-79-1544
・教育実習担当  : 新居延之  携帯tel:090-9868-1860
                     e-mail: 
esperanz@kcn.ne.jp
       詳細はボタン(クラブのご案内)をご覧ください。
タイトルバー(Top-お知らせ)
奈良県「山と川の月間」夏休みイベント  ~里山で遊ぼう・自然工作~ 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

 奈良県では大切な森林を守り育てるために夏休み期間を「山と川の月間」として、県内各地で山や川など自然に親しむイベントが開催されます。
 いこま棚田クラブでも月間に協賛して夏休みイベント「里山で遊ぼう・自然工作」を開催します。
 ◇イベント名: ~里山で遊ぼう・自然工作~
 ◇場 所 :生駒市西畑町の棚田・里山
 ◇日 時 :8月6日(日)  10;00~15;00 (雨天中止)
 ◇内 容 :
   自治会館で竹工作、神田川で川遊び、冷やしソーメンの振舞い、向山で山遊び
 ◇対 象 :小学生とそのご家族 (定員50名)
 ◇費 用 :有料 300円(小学生以上/1人)
 ◇お申し込み受付: 7月15日(土)900~定員で締切


イベントチラシ
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
タイトルバー(Top-トピックス)
2017年  INDEX 
6月
当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。
川辺のアジサイがやっと見ごろに・・・
南高梅」を収穫 
地元の皆さんと共同作業(道路掃除)を行いました
菜種を収穫
“イシガメ”現れる・・・
6月3日(土) 生駒山スカイウォークにスポット出店
イノシシ防護柵を新たに設置
5月
小学校の遠足で棚田が大賑わい
近畿大学農学部が里山実習
5月21日(日) 田植えイベントを行いました
生駒市ふろーらむの春イベントに出展しました。
4月
4月24日(月)刈り払い機の「安全講習会」を開催
菜の花まつりを開催
里山の山桜(ヤマザクラ)
苗代づくりをお手伝いしました
3月
里山林(向山)整備状況の検査がありました。
春めいてきた棚田・・・
3月5日(日)早春の森遊び“シイタケのほだ木つくり”イベントを開催
2月
平成28年度の「里山林整備作業」が完了しました
いこま棚田クラブのFacebookページ」が開設されました
2月4日(土)生駒市の“らら♪まつり”に出展しました
1月
 “味噌の仕込み作業”をお手伝い 
 今年も西畑町の新年伝統行事「大とんど」が行われました

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。
区切り線
区切り線
2017年
6月
 川辺のアジサイがやっと見ごろに・・・当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

6月26日(月)、ベースキャンプや神田川沿いのアジサイがやっと見ごろになりました。例年ですと6月中頃に見ごろになりますが今年は2週間程開花が遅れました。色や形も多彩で棚田に彩りを添えています。鬱陶しい梅雨のシーズン、そんな時期でも和ませてくれるのがアジサイです。
 画像▶ 1  2  4  5  6  7  8    スライドショー

川辺のアジサイ
区切り線
 「南高梅」を収穫 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

南高梅の収穫作業を行いました。休耕棚田に南高梅の苗木
を植えてから8年余、木も大きく成長し今年は約40~50Kgの梅を収穫することができました。収穫した梅は梅干しに加工されます。
 画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  スライドショー

南高梅の収穫作業
区切り線
 地元の皆さんと共同作業(道路掃除)を行いました 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

6月は「環境月間」、例年実施している西畑町の道路沿いの溝掃除を地元の皆さんと行いました。総勢50人以上、国道308沿いの全域、自治会館から道願寺までの道路、旧暗越え奈良街道の細道など、広範囲に亘って行われました。
 画像▶  2  3  4  5  6  7    スライドショー

道路沿いの溝掃除
区切り線
 菜種を収穫  当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

ならコープの菜の花クラブの会員さんと当クラブの共同で菜種を収穫しました。6月7日に刈り取りとはざ架け、21日には手作業の脱穀が行われました。収穫量は約30Kg、昨年10月の種蒔きからスタートした「菜の花エコプロジェクト」の活動もあとは「搾油」を残すのみとなりました。 
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9  10  スライドショー

菜種の収穫
区切り線
 “イシガメ”現れる・・・ 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

12日(月)の活動日、いこま山ようちえんの園児が“イシガメを見つけました。ベースキャンプ横の神田川から這い出てきたようです。大きさ(体長20㎝余)からかなりの高齢と思われます。イシガメの寿命は20~30年ほどといわれますが、今年で15年目の当クラブの活動を、このカメちゃんは川の中からずっと見つめてきたのでしょうか?
 画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10  スライドショー

イシガメ
区切り線
 6月3日(土) 生駒山スカイウォークにスポット出店 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

生駒市の恒例行事“生駒山スカイウォーク(生駒市主催)”を盛り上げるために、今年も地元の皆様と一緒に出店しました。地元はフキ、レタス、昔ながらのお漬物などの販売、当クラブは野草茶のふるまい、ニンニクの販売、竹コップつくりなどを行いました。生駒市長さんも立ち寄られ大盛況でした。
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9  10  スライドショー

スカイウォークに出店
区切り線
 イノシシ防護柵を新たに設置 当クラブの活動はトヨタ自動車株式会社
の「トヨタ環境活動助成プログラム」の
助成を受けています。

ここ数年、当クラブもイノシシ被害に悩まされています。田んぼ・菜の花畑・野菜畑・お花畑などが毎年被害を受けています。特に田んぼは収穫時期に被害が発生しています。山裾沿いや大切な耕作地には既に防護柵を設置していますが、完全には防御できていないのが現状です。そこでイノシシ対策を強化するために新たに防護柵が設置されました。全長約150メートル、ワイヤーメッシュを用いた防護柵です。
 画像▶  1  3  4  5  6  7  8    スライドショー

新設のイノシシ防護柵
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
5月
小学校の遠足で棚田が大賑わい 

5月15日に生駒市南小学校3年生60名、29日には生駒市南第2小学校3年生40名の児童が西畑の棚田・里山を遠足で訪れました。野遊び・川遊び・里山遊び・・・日頃の遊びと環境と異なるためか、こども達もちょっと興奮気味。自然がいっぱいの棚田・里山を思いっきり楽しんでいました。
  画像▶ 1  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
      13  14  15
  16  17  18  19  20   

小学校の遠足
区切り線
近畿大学農学部が里山実習 

近畿大学の学生さんによる里山実習が今年も4月24日、5月15日、29日計3回実施されました。当実習は農学部環境管理学科の正課として例年実施されています。里山内の遊歩道づくりなどの体験学習を通じて、棚田・里山の現状と、保全に取組む地元と当クラブの活動の一端に触れていただきました。
  画像▶  1  2  3  4  5  6  7  8  10  

遊歩道づくり
区切り線
5月21日(日) 田植えイベントを行いました 

いこま山のようちえん、サークルえん、寿大学、近畿大学の学生さんなどなど計5団体、総勢96名が大集合、好天に恵まれた棚田で田植えを行いました。ほとんどの皆さんが田植え初体験!。初めて足を踏み入れた田んぼの感触、最初こそ恐る恐る足を入れていた田んぼも、子どもたちには格好の遊び場となり、笑顔がいっぱいの田植えとなりました。農業の大切さ・素晴らしさを感じてほしいと毎年行われている農事体験イベント、9月の稲刈り体験にもまたきてください!・・・・・。
  画像▶  1  2  3  4  6  7  8  9  10  11  12
       13  14   

田植え風景
区切り線
生駒市ふろーらむの春イベントに出展しました。 

5月21日(日
生駒市の春の恒例行事「花・緑まちづくりフェスタinふろーらむ」に出展しました。会場は生駒市花のまちづくりセンターふろーらむ、
5月としては珍しい30℃を越える真夏日となりましたが、多数の市民参加があり大盛況となりました。当クラブブースでも約500名の皆さんに自然工作ワークショップで楽しんでいただきました。
  
画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
      13  14  15  

ふろーらむ春イベント
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
4月
4月24日(月)刈り払い機の「安全講習会」を開催 

刈り払機による草刈りは当クラブの中心的作業ですが危険性を伴う作業でもあります。安全の確保のための基本知識を修得することを目的に、今年入会された新メンバーと刈払い機未経験メンバーを対象に「安全講習会」を開催しました。講師は「奈良県森林組合連合会」からお招きしました。午前は自治会館で講義、午後は機械の点検・整備の仕方と、近くの休耕田をお借りして作業実習を行いました。
  画像▶ 1  2  3  4  5  6  8  9  10  

実習風景
区切り線
菜の花まつりを開催 

4月23日(日)恒例の“菜の花まつり”が開催されました。「奈良コープ」が取り組んでいる『菜の花エコプロジェクト』の一環として毎年行われるお祭りです。満開の菜の花のもと、オカリナとハーモニカ演奏、環境クイズ、地元産物の販売、里山散策、ミニとんど等々・・・・・。今年は絶好のお天気に恵まれ、飛び入り参加のハイカーもあり300名を越える皆様に参加いただき大盛況となりました。
  画像▶ 1  2  3  5  6  7  8  9  10 
      11 12 13 14 15 16 17  

菜の花まつり
区切り線
里山の山桜(ヤマザクラ) 

西日本が夏日となった4月16日の活動日、西畑町の里山の山桜が
今年もきれいに花を咲かせてくれました。淡い桜色で里山が一気に華やかになりました。当クラブが長年整備に取組んでいる里山、毎年景観がきれいになっているのでは・・・と自画自賛しています。里山には幹回り2mほどの山桜の大木が数多く自生しており、‘お山の守り神’と比喩しています
  画像▶ 1  3  4  5  6  7  8  9  10  

里山の山桜
区切り線
苗代づくりをお手伝いしました 

4月8日(土)地元農家の苗代づくりをお手伝いしました。近大農学部の学生さんにも応援いただきました。育苗パレットづくり、育苗パレットの苗代への設置とハイマットのトンネルづくりなど、当クラブにとっては大事な農事体験です。作業終了後、今年の豊作を祈念して田んぼの神様にお花がたむけられました。
  画像▶ 1  2  3  4  5  7  8  9  10  

苗代づくり
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
3月
里山林(向山)整備状況の検査がありました。 

3月24日(金)奈良県及び生駒市関係者による平成28年度の里山林(向山)整備状況の検査があり無事終了しました。第三次「地域で育む里山づくり事業5カ年計画」の初年度が完了しました。
  画像  1  3  4  5  6  7  8   

検査風景
区切り線
春めいてきた棚田・・・

寒かった冬も終わり、道沿いの草花が一斉に咲き始め棚田の春の訪れを告げています。野草好きのクラブメンバーにとってはわくわくする楽しい季節の到来です。3月19日の活動日、クラブがいつも利用している農道沿いに咲いている草花を撮ってみました。
  画像  1  2  3  4  5  6  7  9  10  

フキノトウ
区切り線
3月5日(日)早春の森遊び“シイタケのほだ木つくり”イベントを開催 

芽吹きをはじめた棚田・里山に11家族38名の親子さんをお招きし “シイタケのホダ木つくり”イベントを開催しました。少し肌寒い日でしたが、シイタケの植菌作業と里山遊び、お昼からは竹切り体験と竹工作、つる篭編みなどで楽しんでいただきました。  
画像(午前)▶ 1  2  4  5  6  7  8  9  10  
画像(午後)▶ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 

植菌作業
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
2月
平成28年度の「里山林整備作業」が完了しました 

昨年10月に着手した平成28年度の里山林(向山)整備作業がほぼ完了しました。作業日数15日、述べ人員171名、今年度の整備区域は急斜面で倒木が多く、タフな作業を強いられましたが2月末でほぼ終了、後は奈良県と生駒市の確認検査を残すのみとなりました。
 作業風景画像 ▶  2  3  4  5  6  7  8  9 10
 整備エリア画像▶ 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 

2月13日作業風景
区切り線
 いこま棚田クラブのFacebookページ」が開設されました 

 生駒市のボランティア団体支援制度『イコママボノ』の支援を得て、当クラブのFacebookページ」及び「メンバー募集用ホームページ」が新たに開設されました。
 SNSサイトの一つであるフェイスブックを用いて情報発信を行い、当クラブの活動をより多くの皆さんにお伝えすることを目的としています。また、「メンバー募集用ホームページ」では初めて当クラブに接する皆様に、当クラブの活動内容を分かり易くご紹介しています。

     Facebookページ」へリンク         「メンバー募集用ホームページ」へリンク
               
区切り線
2月4日(土)生駒市の“らら♪まつり”に出展しました 

生駒市のボランティア・NPO団体の交流事業「らら♪まつり」が、72団体の出展と約900名の市民が参加し開催されました。当クラブも出展、フリーマーケットで手づくりのツル篭、竹工作品を販売しました。
  画像 1  3  4  5  6  7  8  9  10 

らら♪まつり
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
1月
 “味噌の仕込み作業”をお手伝い 

 棚田で栽培した大豆を用いた“味噌の仕込み作業”が19日、20日の二日間に亘って行われました。地元「棚田を守る会」が中心の作業ですが当クラブ「味噌の会」メンバーもお手伝いをしました。
 「大豆を煮込む」「煮込んだ大豆を潰す」「塩きり麹をつくる」「練り込んで味噌団子をつくる」「桶に仕込む」「味噌部屋へ収納する」・・・・の一連の作業。煮込んだ大豆と塩きり麹を練り込む作業は力仕事でちょっと大変でした。
 大豆の煮込み方、団子の固さ、水の扱い、衛生管理などなど。これまでに培われた目に見えない味噌作りノウハウがあることを体験させていただきました。
 仕込まれたお味噌は9月まで熟成され10月頃から出荷されます。
  画像 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
      11 13 14 16 17 18 19 20    

作業風景


味噌団子づくり
区切り線
 今年も西畑町の新年伝統行事「大とんど」が行われました 

 1月9日(成人の日)、西畑町の新年の伝統行事「大とんど」が今年も生駒市長さんをはじめ多くの市民参加のもとに行われました。
 竹を束ねて組み上げ、しめ縄や書き初めで飾られたとんどのやぐら、点火されると竹のはじける大きな音を棚田の谷間に響かせながら晴天の冬空にきれいに燃え上がりました。鎮火した後はしの竹の先に刺したお餅を残り火で焼いていただき、今年1年の五穀豊穣、無病息災を祈願しました。
  画像 1  2  3  4  5  6  7  9  10  

今年の大とんど
区切り線
区切り線

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。

区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)