タイトルバー(トップ共通)
ページ画像(Top1) ページ画像(Top2)

ボタン(Top)
ボタン(活動内容紹介)
ボタン(ご案内)
ボタン(記録)
ボタン(クラブのあゆみ)
ボタン(棚田の自然)
ボタン(散策マップ)
ボタン(会員コーナー)



2020年 9月 カレンダー
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
定例活動日 特別活動日

HPの更新記録
区切り線
更新日:2020年8月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2020年7月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2020年6月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2020年3月31日
更新内容: ・活動計画・トピックス
     ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2020年2月28日
更新内容: ・活動計画・トピックス
 ・お知せ・棚田自然 ・会員コーナー
区切り線
更新日:2020年1月30日
更新内容: ・活動計画・トピックス
    ・あゆみ ・会員コーナー
区切り線




生駒山の南側に位置する小さな集落、生駒市西畑町。歴史に名高い「暗峠」から奈良側へ下る「暗越え奈良街道」沿いに、石垣積みの美しい棚田と里山が広がっています。休日には多くのハイカーが訪れます。しかし近年、兼業化、高齢化、後継者不足等の環境変化から休耕田が増え、荒廃が進みました。

“この素晴らしい景観を後世に残そう”・・・・地元自治会の要請に応じて15年程前に自然環境保全ボランティア「いこま棚田クラブ」が発足し、今日まで活動を続けています。毎週1回、草刈り、石垣出し、田畑の手入れ、援農、木々の間伐、竹林の整備などなどに汗を流しています。

クラブのメンバーは主として定年退職したシニア層と子育てを終わった主婦層。決して体力が十分とはいえませんが、活動を通じて自然の循環を肌で感じ、景観が美しくなって行くのを見ると何物にも代えがたい喜びを実感します。“ボランティアは大変”という声もありますが、逆に癒しを与えられ、棚田ライフを楽しませていただいているともいえます

誰もが懐かしさを感じる棚田・里山の風景、人と自然が共生し、多種多様な生き物の宝庫の棚田・里山。私たちの活動はほんの小さなものですが自然環境保全に少しでも貢献できればと願っています。
ページ画像(Top3)
 ボタン(Top-地図)   ボタン(Top-航空写真)・・・ 

 ボタン(Top-今月の活動計画)   ボタン(Top-お知らせ)   ボタン(Top-トピックス)
タイトルバー(Top-今月の活動計画)
9月の活動概要 棚田定例活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、草刈り)
稲刈りイベント、小学校見学会、いこま山のようちえん
9月の活動日 行事 < 活動内容 >   活動内容は天候によって変わります
/ 6 (
定例作業(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備、草刈り、他)
/14 (月)
全員活動(石垣出し、草刈り)、   いこま山のようちえん
その他自主活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備)
/ 20 (
稲刈り・はざかけイベント(午前中)
その他自主活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備)
9/ 28 (月)
生駒南小学校棚田里山見学会、 稲の脱穀作業、 いこま山のようちえん
その他自主活動(畑・花畑・山野草の手入れ、向山整備)
◆10月の活動日 10/4() 10/12 10/18() 10/26
リストマーク(□)集合場所と時間:

リストマーク(□)持ち物 :

リストマーク(□)連絡先:
・近鉄生駒駅下車 ・南口側ケーブル鳥居前駅西隣り ・セブンイレブン様 駐車場前 ・9:00集合出発(現地まで車で移動15分)

・弁当 ・飲み物 ・軍手 ・長靴(予備もあります。)

・事務局      : 大寺道代   tel&fax:0743-79-1544
・教育実習担当  : 新居延之  携帯tel:090-9868-1860
                     e-mail: 
esperanz@kcn.ne.jp
       詳細はボタン(クラブのご案内)をご覧ください。
タイトルバー(Top-お知らせ)
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
タイトルバー(Top-トピックス)
2020年  INDEX 
8月
お花畑のジンジャーの花
山野草園、果樹園に「取水路」が設置されました
7月
アジサイ(紫陽花)の剪定作業を行いました
7月19日(日):地元の皆さんとの「共同草刈り」が行われました
6月
川辺のアジサイが満開・・・
ツチアケビの開花が観察されました
6月21日(日)地元の皆さんと共同作業(道路清掃)を行いました

菜種を収穫
4月~5月 コロナ感染対策のため活動を休止
3月

令和元年度里山林(向山)整備状況の確認検査がありました
いこま山のようちえんの園児が卒園の挨拶
3月4日 “しこれんが棚田・里山体験会
2月
令和元年度の「里山林整備作業」が完了しました
凍てつく水車
春の訪れ ‘フキノトウ’・・・

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。
区切り線
区切り線
2020年
 8月
お花畑のジンジャーの花 

猛暑日が続く8月末、お花畑のジンジャー(花生姜)がきれいに咲き始めました。甘い匂いが街道周辺に漂っています。人の背丈ほどに大きく成長した株の先端に、純白の花を次々と咲かせ9月中頃まで楽しませてくれます。夏のお花畑には百日草、キバナコスモス、ヤナギハナグサなども咲き誇っています。
 画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10   スライドショー

ジンジャーの花
区切り線
山野草園、果樹園に「取水路」が設置されました 

夏場は山裾の山野草園、果樹園にも水遣りが欠かせません。これまでは側を流れる神田川からバケツで汲み上げていましたが約2mの落差があり大変でした。そこで直接川から水が曳き込めるよう「取水路」を設置しました。取水・導水用に全長約60m、φ3040 ㎜の「塩ビパイプ」を、水溜タンクには「収納用プラボックス」を利用しました。お陰様で水遣り作業が大幅に楽になりました。
 画像▶ 1  2  3  5  6  7  8  9  10    スライドショー

山野草園取水路
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 7月
アジサイ(紫陽花)の剪定作業を行いました  

27日(月)アジサイの剪定作業を行いました。アジサイの剪定は来年もきれいに花を咲かせるためにとても重要な作業です。大きく成長した約150株、花から2~3節目のすぐ下で剪定バサミでカット。一見、軽作業に見えますがむしむし暑い日で汗がタラタラ・・・。「いこま山ようちえん」の皆さんにもお手伝いしていただきました。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8   

剪定作業
区切り線
7月19日(日):地元の皆さんとの「共同草刈り」が行われました  

この時期に毎年行われる「共同草刈り」が行われました。地元の「棚田を守る会」の皆さんと当クラブメンバー総勢22名が集合、日頃手の届かない場所の草刈り作業です。今回は国道308号沿いの休耕田を中心に行われました。草刈り後の棚田はスッキリ・・・・、気持ちもスッキリ。しかしこの時期は刈っても刈ってもまた伸びてきます。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

草刈り作業
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 6月
川辺のアジサイが満開・・・ 

ベースキャンプや神田川沿いのアジサイが咲き誇っています。150株、約20種、色や形も多彩で棚田に彩りを添えています。鬱陶しい梅雨のシーズン、そんな時期でも和ませてくれるのがアジサイです。
  画像▶  1  3  4  5  6  7  8  9   

川辺のアジサイ
区切り線
ツチアケビの開花が観察されました 

奈良県レッドデータブックに希少種(準絶滅危惧種)として登録されている「ツチアケビ」が観察されました。場所はあまり人の往来のない旧街道の薄暗い山裾。背丈は約50㎝でちょっと小ぶりですが6本ほどが株立ちし開花していました。秋には真っ赤な実が結実するか楽しみです。
  画像  1  3  4  5  6  7  8    

ツチアケビ
区切り線
6月21日(日)地元の皆さんと共同作業(道路清掃)を行いました 

6月は「環境月間」、例年実施している西畑町の道路清掃を地元の皆さんと行いました。国道308号沿いの全域、自治会館から道願寺までの道路、旧暗越え奈良街道の細道など。地元17名、当クラブ45名、総勢62名で道路沿い側溝の溝さらい、道路際の草刈り、堆積汚泥の除去などの清掃作業を行いました。
  画像▶  1  2  3  4  5  6  7  9  10  11  12
        13  14  15           

道路清掃
区切り線
菜種を収穫 

6月7日(日)、コロナの影響で一般会員(市民)の皆さんは不参加でしたが、ならコープのスタッフの皆さんと当クラブメンバー共同で菜種の収穫作業が行われました。今回は例年行っている「はざ架け」は省略し、「刈り取り、脱穀、唐箕作業」が同時に行われました。収穫量は約15Kg、昨年10月の種蒔きからスタートした「菜の花エコプロジェクト」の活動も、あとは「搾油」を残すのみとなりました。
  画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10  
        11  12      

菜種の刈り取り
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 3月
 令和元年度里山林(向山)整備状況の確認検査がありました 

3月9日(月)に生駒市、23日(月)には奈良県関係者による令和元年度の里山林(向山)整備状況の確認検査があり無事終了しました。第三次「地域で育む里山づくり事業5カ年計画」の4年目が完了しました。
  画像  2  3  4  5  6  7  8  9  スライドショー

整備状況の確認検査
区切り線
 いこま山のようちえんの園児が卒園の挨拶 

ぽかぽか陽気となった3月9日(月)、3月で卒園する園児6名から卒園の挨拶があり、プレゼントと感謝状をいただきました。心のこもった手づくりの感謝状  “・・・たなださんありがとう・・・”  ほっこりとした気持ちにさせてくれました。毎月2回(第2・4月曜日)棚田を訪れる“いこま山のようちえん”、自然の中で自由に遊びを見つけて成長していく園児たち。元気な園児達に触れ合い私達も元気づけられています。
  画像▶  2  3  4  5  6  7  8  9  10  スライドショー

卒園の挨拶
区切り線
 3月4日 “しこれんが棚田・里山体験会 

春の到来を感じる暖かい日、
生駒市子供会育成連絡協議会(通称:しこれん)の子供リーダー14名、先生2名が棚田・里山体験会で来訪。午前は向山の「間伐作業」、午後は「シイタケ植菌作業」と「山遊び」。鋸で木を伐ったり電気ドライバーで穴あけたり・・・・。子供達は初めて体験する作業に悪戦苦闘。作業体験と山遊びを通じて里山の大切さ・楽しさに触れていただきました。
  画像▶  1  2  4  5  6  7  8  9  10  11  12
        13  14  15     スライドショー

棚田・里山体験会
区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)
 2月
令和元年度の「里山林整備作業」が完了しました 

昨年10月に着手した令和元年度の「里山林(向山)整備作業」が完了しました。作業日数18日、述べ人員193名。今年度はこれまで同様の「間伐・除伐・風倒木の処理」作業に加えて、広範囲の「刈り払い」作業がありタフな整備作業が強いられました。後は生駒市と奈良県の確認検査を残すのみです。
 画像▶ 1  2  3  5  6  7  8  9  10 11 12

整備作業風景
区切り線
凍てつく水車 

寒波襲来でやっと冬らしく冷え込んだ2月10日(月)、近畿北部は大雪となりましたが生駒の棚田は雪の気配は全く無し。しかし標高約300メートルに位置する棚田の冷え込みはきつく、水車に見事な“つらら”(氷柱)ができました。水車のしぶきが竹柵に凍りついたもので自然がつくる見事な造形に思わず目を奪われました。
 画像 1  3  4  5  6  7  

凍てつく水車
区切り線
春の訪れ ‘フキノトウ’・・・

立春を過ぎた某日、農道沿いの小川に自生するセキショウ(石菖)の葉の間から春の訪れを告げる‘フキノトウ’が顔をのぞかせていました。見つけたクラブメンバーが「もう出ている」と驚いていました。春がそこまで来ていると感じさせてくれます。
 画像▶ 2  3  4  5  6  

川辺のフキノトウ
区切り線
区切り線

トピックスの過去ログのページです。6か月以前のトピックスを整理しています。

区切り線
ボタン(共通ーこのページの先頭へ)