Our History

有限会社 アイ・エス・エル(英語表記Imaging Supersonic Laboratories Co.,Ltd.)は平成6年(1994)2月3日に設立されました。
世界初の商業的ステップ関数型パルサーBLP11 1995年
  DC〜探触子の共振周波数までの超音波の送信ができます。
世界唯一の研究用超音波可視化装置UVS11 1995年
  製品としては世界唯一です。
  最近は弊社取扱シュミレーション・ソフトWave2000が代用される様になって来ました。
世界初の曲面振動子リング状外挿探触子 1996年
  回転超音波や過流の検査速度を大幅に越える
世界初の曲面振動子リング状内挿探触子 1997年
  これも回転式を大幅に超え、同時にコスト削減
世界初のステップ関数型パルサー応用の広帯域探傷器UCT11 1997年
世界初の更に広帯域=超広帯域探傷器UCT12 1998年
  コンクリートで7mの厚さ測定可能に
世界初のソフト設計〜NC加工まで一貫連動生産の探触子 1998年
世界初のフリーソフトに依る顧客設計オーダーメイド探触子 1998年
  顧客がウエッブからのダウンロード・フリーソフトで設計、Email、製造
世界初の探触子試作キット 2000年
振動子の分極、電極スパッタリングを自動化 1999年
世界最大内径550Φの外挿リング探触子輸出 2000年
  振動子の長さは何と1.74mもあります。
世界最軽量バッテリー駆動16ch自動探傷器MIX16 2000年
米国Stresstel社の製品取り扱い開始 2001年
世界初の非球面、等角入射などの探触子販売開始 2001年
世界初の市販探傷器と共に使って低域特性を改善するアダプターLFA11を販売開始 2001年
世界初の硬いタイヤ探触子群を販売開始 2001年
世界初のUCT12dBの低域拡張バージョンUCT12db(f)を販売開始 最低周波数2kHzまで 2002年
世界初のダブル・フォーカスとツイン・フォーカス探触子販売開始 2002年
世界初のUCT12dB(f)の改良バージョンUCT12db(h)を販売開始 コンクリートで最大10m 2003年

世界初のパルサー・レシーバ・キット 2001年発売予定
世界初の最速のスキャナー 2001年発売予定
世界初のスマート・トランスデューサ 2001年発売予定
0−3コンポジット振動子製造新ライン完成 2001年予定

弊社の方針 :
 コスト・パーフォーマンスが高い、ユニークな製品

会社概要
社名: 有限会社 アイ・エス・エル
社名の英語表記:Imaging Supersonic Laboratories Co.,Ltd.
本店住所:    奈良市帝塚山中町12番7号
設立日: 平成6年2月3日(1994/2/3)
資本金: 1000万円
出資者:宇田川義夫、宇田川光世
業務内容: 非破壊検査計測機器、センサーの設計製造販売、委託研究
代表取締役: 宇田川義夫
専務取締役: 宇田川光世
主要設備 (一部) :平成13年1月現在
  オシロスコープ(500MHzTDS644A他)  4台
  ミックスド・オシロスコープ(HP54645)  1台
  スペクトラム・ネットワーク・アナライザー(Tektor2712) 1台
  ネットワーク・インピーダンス・アナライザー(HP4396B)  1台
  プレシジョン・インピーダンス・アナライザー(HP4294A)  1台
  自由関数波形発生器(Tektro150MHz他)  2台
  周波数カウンター(2G)1台
  非接触赤外線温度計 3台
  容量計 1台
  微小分布容量計  2台
  インピーダンス・メーター(HPE4925A他) 3台
  絶縁試験機 3台
  デジタル回転計 1台
  高周波アンプ 2台
  高精度秤(独メトラトレドPR2003,AG204他) 3台
  旋盤 2台
  ボール盤 1台
  フライス盤 3台
  マイクログラインダー(Nakanishi他) 3台
  バンドソー 2台
  プレシジョン・ハイトゲージ(ミツトヨLHL350) 1台
  ×400ITVカメラ  2台
  超硬速度高感度カメラ  1台
  実体顕微鏡 2台
  スパッタリング装置 2台
  レーザーマーキング装置 1台
  高温混練装置(独Ika製)  1台
  混練圧延装置 1台
  真空混練装置 1台
  真空高温炉 1台
  高温炉 1台
  振動子自動分極装置 2台
  高精度デジタル傾斜計 1台
  表面粗さ計 1台
  騒音計 1台
 各種ゲージ(ホールゲージ、限界ゲージ) 他



12-7 Tezukayamanaka-machi
Nara-shi Nara-ken Japan
PC:631-0063
TEL:+81-742-40-2345
FAX:+81-742-40-2346

BACK SITE of Imaginative Steam Locomotive