奈良県橿原市
 今井町かすてら六斎

六斎堂のカステラは、

底のザラメ 特製ミツ しっとり感、

そして、手作りの重量感と素朴さが身上。

コーヒー、紅茶に限らず、

緑茶が似合う【かすてら六斎】を是非一度、ご賞味下さい。





全て化粧箱入りの価格です。

プレーン 1本  ¥1100

抹茶 1本 ¥1200
珈琲 1本 ¥1200
チョコマーブル 1本 ¥1200
 金ごま 1本¥1200

(六斎堂店頭では化粧箱なしの販売もしております。)

宅配ご注文の場合は、すべて化粧箱入りとなります。

2本入り、3本入りは色合わせも可能です。



ご注文は電話で構いませんが
出来れば以下を明記したファックスでお願いします。


住所
氏名
電話・Fax番号
かすてらの種類と本数
希望のお届け日時
念のためにお客さまの方で計算された合計金額もご記入ください。


何ぶん手作りカステラでございますので、受注後発送まで2〜3日の猶予を下さい。



(写真は 3本入り化粧箱)


営業 
午前10時〜午後5時


 今井町店 定休日  月・火曜日 

二上工房 定休日  日曜・祝日


(定休日は留守番FAXをご利用下さい。)


商品表示・保存方法

菓子/カステラ

原材料・プレーン/ 鶏卵 グラニュー糖 小麦粉 水飴 蜂蜜 

他の各種には夫々、抹茶・珈琲・チョコレート・金ごまのいずれかが加わります


米粉100パーセントは材料中の小麦粉が米粉に変わるだけで
あとの材料はプレーンと同じです


約420g

直射日光を避け常温で保存。
開封後は、お早めにお召し上がりください。

                    


カステラを上手に切る方法

『六斎』は一本仕立てです。
好きな大きさ、数に切り分けてお召し上がり下さい。
のり巻を切る要領で、
包丁を濡れ布巾で湿らせながら切ると
美しく切り分けることができます。


楽しめる保存方法

カステラは焼き菓子ですから日持ちする方ですが
開封後はラップにくるんで冷暗所へ。
硬いざらめの食感がお好きな方は、お早めに。
しっとり感は、日をおくに従って増します。

開封後も比較的、品質を落さない「冷凍」を六斎堂はお奨めします。
自然解凍でどうぞ。

凍結することはありませんから
夏場は、冷菓としてお楽しみ頂けます。
一度、お試し下さい。

冷凍の場合も賞味期限内にお召し上がり下さい。


カステラ豆知識

カステラは信長の時代、
南蛮船に乗って長崎に上陸した菓子が
長い時を経て変身したものです。

信長は輸入品を味わい、
秀吉は、長崎で作られるようになった国産品を好んだと云います。

富と力が集中していた今井の町。
時代の最先端で『黄金の日々』を謳歌した今井町。

茶の湯や能楽も盛んだったと言う今井町では
当時の貴重なお菓子・カステラを
ごく普通に楽しんでいたことでしょう。


その後、水飴を加えるなど先人たちの工夫によって、
緑茶にも合う日本人好みのしっとりとした「かすてら」が完成したのでした。

ですから現在、ヨーロッパで探し求めても
日本の「かすてら」同様のお菓子はどこにも存在しません。



称念寺 新雪

六斎」について

古くは日本書紀、
持統天皇の条に見える六斎日のこと。
毎月、8、14、15、23、29、30日は
「斎戒謹慎」し、善心を起こすべき日とする
民衆教化の宗教行事でした。
空也上人の登場で一躍、諸国に浸透したようです。
(尚、土地によって日付けに異同が生じたようです。)

寺内町として発展した今井でも
人々は寺へ参り、相集いました。
当然そこには、市が立ちます。
「六斎市」の起こりです。

信仰を介した『ゆとりの日』が
月に6日は確保されていたことになります。



今井町かすてら六斎



今井町かすてら『六斎』は
岡山県真庭市の伴千明さんご夫妻と
久世の「正凛堂」瓜生倫子さんご夫妻
を師として
新規に誕生したカステラです。





お詫び

都合によりプリンは15年12月中旬より製造を中断致しております。
悪しからず御了承ください。


カステラ用<特製ミツ>で好評の

 
六斎堂プリン ¥250  (店頭販売のみ)



約100 CC入

上下段共にカステラ用の特製ミツを使用してなめらかに――、

下の部分はカラメルに代わって、ミネラル豊富な黒糖を、極上の吉野本葛でまとめました。




六斎堂「お休み処」は、2015年末を以って閉店させていただきました。

悪しからず御了承ください。


今井の町並をご案内します