旧因幡街道古町の町並みは、白く清潔で端正な佇まいであった。

大原本陣前
大原本陣
主に江戸時代の鳥取藩32万石・池田候の宿場として利用され、数寄屋造りの御殿と御成門が、今もなおその姿を留めている。
脇本陣
脇本陣は、古町では唯一の長屋門を有し、今も刀掛けなどが残っている。美しい庭園があり、水琴窟もある。
本陣と対照的な建築が興味をそそる。
平尾家

武蔵の姉おぎんの嫁ぎ先。町内で最も大きい茅葺きの屋根。
屋敷の入口に、樹齢数百年の栗の巨木があり、数年前に家の方から栗の実を頂いたが発芽しなかった。
讃甘神社

この神社の神主が叩く太鼓とバチにヒントを得て、武蔵は二天一流を創始したと伝えられる。
武蔵神社
昭和46年4月剣聖宮本武蔵を祀る神社として奉賛会を中心に建立された。
奥の神社は、質素な建物である。
武蔵の墓
 武蔵の死後9年目に、武蔵の養子・伊織の手によって熊本・弓削の里から分骨され、両親の平田無二斉夫婦の墓と並んで上段に祀られている。
武蔵生誕地記念碑
明治44年、熊本の武蔵顕彰会が、この地を武蔵生誕の地と確認、町内有志により建立された。

  ちょっと お耳を!

生誕地の近くに一軒の茶房がある。
『茶房 もり』という。
遅い昼食を摂ろうと店に入った。テーブルや椅子、調度品のセンスに心が和らぐ。
運ばれてきたカレーうどん、これが実に旨い。大袈裟だが、こんな旨い味は初めてである。
【 付 録 】    武蔵と 「大聖寺」
恵龍山 大聖寺
吉川英治の小説「宮元武蔵」に登場する武蔵とお通、二人の淡い恋物語を偲ぶに足る史的背景と創作エピソード、真言宗の古刹は伝えている。
大聖寺境内の 『武蔵とお通』 像
昭和61年、NHK大型時代劇『宮本武蔵』の放送を記念して、武蔵は役所広司、お通は古手川裕子がモデル。
旧因幡街道
大原町古町は、旧因幡街道の宿場町で山陰と山陽を結ぶ要衝の地として古くから産業、文化の栄えた町である。

江戸時代に鳥取藩32万石池田候の参勤交代の宿となった「本陣」「脇本陣」などが現存し、歴史的に重要な役割を果した街道の面影を、今もなお遺してい る宿場町です。
大原宿