忍壁皇子おさかべのみこ

生没年 ?〜705(慶雲2年)
家 系 天武天皇てんむてんのうの皇子。母:宍人■媛娘。磯城皇子・泊瀬部皇女・託基皇女の兄。
忍坂部皇子・刑部親王
経 歴
672年6月,壬申の乱が勃発すると,10歳にも満たぬ少年であった忍壁皇子おさかべのみこは,大海人皇子おおあまのみこに随って東国に赴いた。
674年 8月,石上いそのかみ神宮に遣わされ,膏油で神宝を磨く。
679年吉野で6皇子の誓約に加わる。
681年 3月,詔により川島皇子かわしまのみこ三野王みのおうらとともに,帝紀及び上古諸事の記定事業に参加。
685年1月,淨大参。
686年 7月,落雷により飛鳥浄御原宮あすかきよみはらのみやの民官のようを納めてあった舎屋が燃えた。これは忍壁皇子おさかべのみこの宮が失火し,民官に延焼したためとも伝える。
700年 6月,「大宝律令たいほうりつりょう」撰定を主催。
701年8月,撰定を完了。禄を受ける。時に三品。
702年 12月,持統太上天皇じとうだじょうてんのうが没する。
703年1月,知太政官事となる。
705年5月,没した。
「万葉集」に,柿本人麻呂が忍壁皇子・泊瀬部皇女の兄妹に献呈した挽歌がある。

大和の歴史

Aochan's Homepage