三諸の 神名備山に 五百枝さし 繁に生ひたる つがの木の いや継ぎ継ぎに
みもろの かむなびやまに いほえさし しじにおひたる つがのきの いやつぎつぎに

山部赤人

甘樫丘(奈良県高市郡明日香村大字豊浦)



神岳(かむをか)に登れて、山部宿祢赤人の作る歌一首 并に短歌

三諸の 神名備山に 五百枝さし 繁に生ひたる つがの木の いや継ぎ継ぎに
みもろの かむなびやまに いほえさし しじにおひたる つがのきの いやつぎつぎに

玉かづら 絶ゆることなく ありつつも 止まず通はむ
たまかづら たゆることなく ありつつも やまずかよはむ

明日香の 奮き京師は 山高み 河雄大し 春の日は 山し見がほし 秋の夜は 河し清けし
あすかの ふるきみやこは やまだかみ かはとほしろし はるのひは やましみがほし あきのよは かはしさやけし

朝雲に 鶴は乱れ 夕霧に 河蝦はさわく 見るごとに 哭のみし泣かゆ 古思へば
あさくもに たづはみだれ ゆふぎりに かはづはさわく みるごとに ねのみしなかゆ いにしへおもへば

                                                         山部赤人
                                                         巻3 324

飛鳥川 川淀さらず 立つ霧の 思い過ぐべき 恋にあらなくに
あすかがは かはよどさらず たつきりの おもひすぐべき こひにあらなくに

                                       山部赤人
                                       巻3 325




■原文と読み
登神岳山部宿祢赤人作歌一首 并短歌
三諸乃  神名備山尓  五百枝刺  繁生有  都賀乃樹乃  弥継嗣尓    
みもろの  かむなびやまに  いほえさし  しじにおひたる  つがのきの  いやつぎつぎに    
玉葛  絶事無  在管裳  不止将通        
たまかづら  たゆることなく  ありつつも  やまずかよはむ        
明日香能  舊京師者  山高三  河登保志呂之  春日者  山四見容之  秋夜者  河四清之
あすかの  ふるきみやこは  やまだかみ  かはとほしろし  はるのひは  やましみがほし  あきのよは  かはしさやけし
旦雲二  多頭羽乱  夕霧丹  河津者驟  毎見  哭耳所泣  古思者  
あさくもに  たづはみだれ  ゆふぎりに  かはづはさわく  みるごとに  ねのみしなかゆ  いにしへおもへば  (324)

反歌

明日香河  川余藤不去  立霧乃  念應過  孤悲尓不有國
あすかがは  かはよどさらず  たつきりの  おもひすぐべき  こひにあらなくに
 (325)


■大意
 三諸の神名備山に、多くの枝が萌え出て繁く伸びているつがの木、そのツガという言葉のように、いやツギツギ(次々)に絶えることなく、常に止まず通いたいと思う明日香の旧都は、山が高く明日香河が雄大に流れ、春の日は山が美しく、秋の夜は河の音がさやかである。
朝立つ雲に鶴は乱れ舞い、夕霧の中で河蝦はしきりに鳴き立てている。
それを見るたびに涙があふれる。
すぎ去った昔のことを思うと・・・。(324)
 明日香河の川淀ごとに立っている霧のやがて消え去るように、心から消え去って行くような淡い思慕の情ではないのです。(325)


 この歌が作られた当時、都は平城京。
山部赤人は古都飛鳥を慕ってこの歌をつくりました。
飛鳥川の霧のように消えてなくなるような古都への思慕ではないのだ…
赤人の眼には、川淀に立つ川霧にさえも古都への夢が託されていた。
私にはこの美しい長歌と反歌の思いは、現代の古都飛鳥にも通じているように思います。



HOME