卯の花の 咲き散る岳ゆ 霍公鳥
2020年5月4日
奈良県橿原市山本町

卯の花の 咲き散る岳ゆ 霍公鳥 鳴きてさ渡る 君は聞きつや
うのはなの さきちるをかゆ ほととぎす なきてさわたる きみはききつや
作者未詳 巻10 1976

■大意
 卯の花の咲いて散る岡をホトトギスが鳴いて行きます。あなたはお聞きになりましたか。

■データ
通し番号 作者 題詞 番号 句番 原文 読み 訓読み 1 1 1 2 2 2 3 3 3 4 4 4 5 5 5
M16860 短/秀歌 作者未詳 万葉集巻第十 夏雜謌/問答 1976 _1/5 宇能花乃 うのはなの 卯の花の 1 2 3 はな 4      
M16861 短/秀歌 作者未詳 万葉集巻第十 夏雜謌/問答 1976 _2/5 咲落岳従 さきちるをかゆ 咲き落(散)る岳ゆ 1 さき 2 ちる 3 をか 4      
M16862 短/秀歌 作者未詳 万葉集巻第十 夏雜謌/問答 1976 _3/5 霍公鳥 ほととぎす 霍公鳥 1 霍公鳥 ほととぎす                        
M16863 短/秀歌 作者未詳 万葉集巻第十 夏雜謌/問答 1976 _4/5 鳴而沙度 なきてさわたる 鳴きてさ度(渡)る 1 なき 2 3 4 わたる      
M16864 短/秀歌 作者未詳 万葉集巻第十 夏雜謌/問答 1976 _5/5 公者聞津八 きみはききつや 公(君)は聞きつや 1 きみ 2 3 きき 4 5