【金魚屋の息子】サイトマップ
金魚のことなら【金魚屋の息子】金魚の病気、飼い方と幅広く【金魚質問BBS】過去ログPage30−塩の効能について(質問ではありません)

塩の効能について(質問ではありません)

このサイトで「塩を入れて治療する」方法をよく目にします。
なぜ「塩」って言うのか、疑問を持つ人も多いのでは?と思い、
この場を借りて「塩」の凄さを説明したいと思います。

金魚は0.7%の塩分濃度までは絶えられるそうですね。(そうですか?)
そこで、細菌感染症について。
     ↓
細菌=微生物なので、地球上の微生物の殆どが塩分濃度の高い所では
生きられないという事実を考えると、
「感染症に塩は効果的!」という結果になります。
バイキンが死ぬのです。

海に住む微生物は「好塩微生物」と呼ばれ、その種類は非常に少ないのです。
海水魚の水槽で生きている「濾過バクテリア」もこの類かと思います。

各病気に対する塩分濃度は、ヒデブさんが非常に詳しいと思います。
濃度の高い塩水が金魚に負担をかけるとしたら、最適な塩分濃度での
治療が最も望ましいという事です。

ちなみに、切り傷をしてマキロンを切らしている時に、消毒したくなったら
傷口に塩をかけてみるのも効果的です、しみて痛いけど。
あとウオッカや焼酎のアルコールで消毒とか。塩ほどしみません。
アルコールは、飲みすぎると人も死にますから、消毒効果は絶大ですが、
間違っても金魚の水槽には入れないで下さい、大変な事になります。

つまりは塩の治療って、安いし簡単だし効果的って事です、三拍子そろいましたね。
かと言って、0.7%を超える濃度の塩水浴は、金魚が死んでしまう原因に
なりますので要注意です。気を付けて下さい。

では、反感を買ったかもしれませんが、塩の説明を終わらせていただきます。
[ 金魚のことなら【金魚屋の息子】 ] [ 金魚各種販売【金魚すくい販売】 ]
コンテンツ→[ 金魚的時間 ] [ 金魚すくいの極意 ] [ 雑学金魚 ] [ 金魚すくい屋さん体験記 ] [ 裏金魚道 ] [ サルでもわかる金魚の飼い方 ] [ ぷにマインド ] [ 恥芸 ] [ 金魚の病気から飼い方まで【金魚なんでも質問BBS】 ]