忍者スパイvsエイリアン

作:古川土竜

これは、超マニアックなナンセンス・パロディー小説です。
映画ネタを中心に、アニメ、ドラマ、CM、有名人、などなど、様々なジャンルのマニアックなネタが、無闇に、そして無意味に詰め込んであります。
マトモな小説ではありませんので、お間違いの無きように。

この小説の重要な要素として、注釈の異常な多さが挙げられます。
全414の注釈があり、それぞれに解説が用意してあります。
マニアックなネタが多いので、それに対する説明です。
このタイトルページから、注釈解説のページへのリンクを貼ってあります。
また、各ページの下部からも、注釈解説のページへのリンクを貼ってあります。
クリックすれば、別ウィンドウでページが開きます。
解説ページを開き、本文と照らし合わせながら見るのがベターかと。
もちろん、解説を使わず、元ネタを自分で考えるのも1つの方法でしょう。
元ネタを考えながら読むも良し、解説を見ながら読むも良し。

だけど最も良いのは、こんなサイテーの作品を読まないことですよ、お客さん。
いや、マジで。

<ちなみに、あらすじ>

おバカな宇宙人が地球に友好的な信号を発信し、小型宇宙船を送るが、おバカな理由でジャンボ機に衝突してしまった。

おバカな米国大統領は宇宙人の攻撃に激怒し、おバカな諜報員マッドペッカーに反撃させるが、おバカな理由で大失敗に終わる。

おバカな形で宇宙人の弱点が忍者だと知った米国政府は、おバカな忍者要請施設にマッドペッカーなど数名を送り込んだ。

おバカな教官の特訓を受けたマッドペッカーは、おバカな形で1人の女性の協力を取り付け、巨大宇宙船へと向かうことになった…。


*『映画無段』

第1稿−2002年3月19日
第2稿−2002年11月30日
第3稿−2003年9月29日
第4稿−2004年10月8日