「茨木城楼門」

片桐石州の出生地でもある摂津茨木の城は、徳川家康の発した一国一城令により取り壊されるが、その中の門を貰い受け、屋根を書院と合わせて茅葺きに葺き替えて慈光院の山門とされた。
現在 「楼門」と呼び習わされてはいるが形状は「二重門」あるいは「櫓門」である。
 作家志賀直哉も好んだ門
(関連項目)である。(史跡保存物)


書院玄関から

 表  側

 庫裏玄関より

 

検索サイト等から直接このページに来られた方はこちらから