「茶室(二畳台目)」

片桐石州の代表的な席で、点前畳の奥に床の間がある「亭主床」(詳細)である。
二畳台目の隣にさらに二畳の控えの間を設けることで、中の襖を外して四畳台目のような使い方をしたり、懐石の配膳場所にしたりと、使い勝手をかなり考えた席だと言える。
尚、全国に現存している茶室の中で、時代・作者・形状等が証明できるものの中では最古の席と言われている。 
  (重要文化財)


二畳の控えの間から

露地 から

躙り口から

茶道口から

 

 

検索サイト等から直接このページに来られた方はこちらから