太子ロマンの道   聖徳太子ゆかりの
  歴史を訪ね歩く。

     (約4km)


日本書紀に、推古元年(593)、厩戸豊聡耳皇子を皇太子に立て、政務をゆだねたと記されています。後、推古13年(605)、聖徳太子は斑鳩宮に移られます。斑鳩宮(現在の東院・夢殿)のそばに法隆寺を創建された太子により7世紀初頭「斑鳩文化」が花開きました。
    

【iセンター】【法隆寺】【夢殿】【中宮寺】【中宮寺跡】
【駒塚古墳】【調子丸古墳】【高安・天満神社
(太子堂・業子道)】【上宮遺跡公園】【酒ノ免遺跡】
【成福寺(伝・葦垣宮)】【興留・素盞鳴神社】【法隆寺門前】
HOME HOMEへ戻る BACK NEXT