法輪寺の出土古瓦

瓦もその製作された時代を反映します。出土する古瓦は、記録の少ない当寺の歴史を語る、重要な史料のひとつです。

鴟尾瓦 鴟尾残闕
高さ70センチ、前後の長さ54センチ 飛鳥時代 重要文化財

鴟尾(しび)は古代寺院建築の大棟両端に用いられた魚尾型の棟飾りです。起源は中国漢代に遡るといわれ、日本では飛鳥時代から作られるようになりました。「鴟(し)」は鳥のトビのことですが、一説に「蚩(し/想像上の海獣)」ともいわれ、よく浪を吹き雨を降らすということから、鴟尾は火難よけとされました。また、城郭建築等に見られる鯱(しゃちほこ)は、後世に鴟尾が発展したものと考えられています。 当寺の鴟尾は創建当初の講堂跡から出土したもので、胴の下部と鰭の外縁部が欠けています。胴部に段型(大棟の瓦積みの名残)が放射状にのび、鰭にはやや幅のせまい段型をあらわし、両者の境界に突起帯(縦帯)がめぐっています。下端には降り棟の丸瓦を填め込む半円形の透し穴の痕跡が残り、無文の腹部上方には焼成時の火まわりのためとされる径二・六センチの円孔があいています。 和田廃寺や片岡王寺の鴟尾とともに百済様式の流れをくむもので、七世紀のものといわれています。


素弁蓮華文鐙瓦/重弧文宇瓦 素弁蓮華文鐙瓦
重弧文宇瓦
飛鳥時代後期 

三重塔基壇の版築土から出土したものです。塔に使用されている瓦より古い形式のもので、塔に先行する建物の存在の可能性が考えられ、当寺草創時の瓦と考えられています。素弁蓮華文鐙瓦(あぶみがわら/軒丸瓦ともいう)は、花弁に何等の飾りのないもので、飛鳥時代に使用されていたものです。当寺のものは百済の屋瓦の系譜を汲むもので、よく似たものが、法隆寺の西院伽藍から出土しています。重弧文の宇瓦(のきがわら)も飛鳥時代に多く使われていたもので、素弁蓮華文鐙瓦と組み合わされていたものと考えられています。


複弁蓮華文鐙瓦/忍冬唐草文宇瓦

複弁蓮華文鐙瓦
忍冬唐草文宇瓦
白鳳時代 

弁中に子葉を二個配したものを複弁蓮華文といい、白鳳時代以降の鐙瓦文様の主流になります。再建三重塔にもこの形式の瓦が復元されて使用されています。これは周縁を低く、花文を高く盛り上げてあり、鉅歯文を巡らせてあります。蓮子(れんし)は中央の一個を中心に8個、16個と二重にめぐらせています。この鐙瓦と対になるのが、均正忍冬唐草文の宇瓦です。法起寺や法隆寺の瓦によく似たものがあります。


※なお、当寺と法起寺との中間の丘陵地に、三井瓦窯として名高い窯跡があります。この窯跡から多量の丸瓦・平瓦に混って一点だけ法輪寺出土の白鳳期鐙瓦と酷似したものが出土しています。
「法輪寺の概要」目次へ

Copyright (C) 1999 法輪寺. All Rights Reserved.