編み物



ベスト  2011年12月

手芸店で展示紹介されていたチューニックの編み方を参考して編んでみました。

毛糸は合太を使っています。 インディゴブルーの毛糸を選んだのだけど、ジーンズにぴったりでした。

袖がついているので肩が暖かくていいのだけど・・・少しひらひらした感じになっているので、そこが自分的には不満かな。
この袖・・・自分にはちょっと可愛い過ぎて・・・どうもしっくりしないんですよね。(笑)



ボレロ  2010年12月

手芸店で展示紹介されていたボレロです。

色や形を見て、何か自分に似合いそうな気がし、また、鉤針編みなので簡単に編めそうに思えたので、これと同じ毛糸を買いました。

毛糸を買うと、この編図ももらえます。

着丈は、編図より長めにしました。



ベスト  2008年1月

昨年作った↓のショールがあまり利用されていない・・・それで、今回デザインを変えて遊んでみることにしました。

モチーフを一部解いてつなぎ直し、タンクトップのような形にしてみたら、若い感じのする可愛いベストに仕上がりました。

しかし何だか肩が寒いのです。 おばさんですね。(笑) それで・・・やっぱりまた解いてつなぎ直し、肩を覆う形にしてみました。

お洒落感は減ったけれど、着てみると以前よりずいぶん暖かくなりました。 でも少し物足りなさを感じたので、1モチーフを花に見立て、モチーフの中心部にグレーで蘂を入れてみました。 ちょっと可愛くなった感じです。

形は大満足ではありませんが、普段着だし、何よりも自分のデザインによるベストなんだもの楽しんで着ればいいかなと思っています。



ショール  2007年1月
寒い冬は暖かい部屋で編み物するのが楽しいですね。 今年はアルパカの毛糸を使ってモチーフ編みを試みてみました。

モチーフの模様は6角形。 簡単な編み方だし2段編むだけの大きさにしたので、思ったより早く仕上がりました。

編み繋いだ全体の形は台形になっています。 長辺を上にして肩にかけるデザインになっています。

繋いだままでは形が安定しないので、全体を細編みで縁取りました。

前をボタンで留めるとボレロ風になります。


ベスト  2005年12月
鉤針編みでベストを編んでみました。

冬はやはり毛糸で編み物するのがいいかも・・・と思い立ち・・・

昨年は棒針で編んだので、今年は透け感が楽しめる鉤針編みにしました。

編み方もデザインも、全くのオリジナル・・・と言えば聞こえがいいけれど・・・全くの自己流のいい加減なもの。 いつものように体に合わせながらの見込み編み・・・だから、解いてやり直すことも多いのです。

でも、何とか形になりました。 これが、着てみると嘘みたいにけっこうお洒落に見えるのです〜♪

ちょっと気をよくして、娘にも編んであげるよ〜♪って声をかけてしまいました。 娘のは白のモヘヤで編む予定・・・ちょっと改善して、これよりはもっとうまく編めるかな?


ドイリー  2005年9月
今回のレース編みは、私にとっては究極とも言える編み方でした。

編み図を見てもイマイチ理解しがたく、何度挫折しそうになったことでしょう。

完成したことがとにかくうれしいです。 そして、ホッとしています。

今回もまた紅茶で染めてみました。 ほんのり淡いピンク色に染め上がりました。


テーブルセンター  2005年8月
少しずつ編み進めていたテーブルセンターが6ヶ月かけてようやく完成の運びとなりました。

内側はけっこう早く出来たのですが、外周の16個の蝶のモチーフにはずいぶんと日数を要しました。 同じものはなかなか続けて編めないものですね。

16個の蝶が繋がったときはやはりうれしかったですね。 その後は完成に向けて一気に編み進めました。

賞味期限の切れた紅茶で染めて出来上がりです。



香り猫  2004年6月
コットンの糸で編みました。 編み図なしの見込み編みです。

頭や手足にはテトロン綿が入っていますが、胴体にはラベンダーと小豆を混ぜて入れた中袋が入っています。

ラベンダーは鎮静効果があるため、また、小豆は重みを出すために入れています。

枕もとに寝そべらせておくと気持ちよく眠れます。

姉妹のネコたちは、次々と知り合いの家にお嫁に行きました。


ドイリー  2003年10月
レース編みのドイリーです。

途中で糸を切ったり、途中から糸を繋いで編んだりと、けっこう難しい編み方でした。

工房来訪の方に気に入られて、お嫁に行きました。



close