2013年  5月の庭  No.1  ( 5/28 編集)


爽やかな風を感じながら、ゆっくりお花を観賞する
そんなゆとりのないままに、季節はかけ足で過ぎていきます。

今年は早くから夏日・・・バラもピークを越えたようで花数が減ってきました。



テマリシモツケは花が終わり、赤い実ができています。
ブラシノキも、今年は赤い花をたくさんつけてくれています。
手前の銀葉ピンク花は、セントーレア・ギムノカルパ。



   
エリゲロンの後ろは・・・カンパニュラ・サラストロ。 今年は広範囲に広がってきまた。
テマリシモツケの赤い実の横では青花のイタリアニンジンボクが花の準備中です。




銅葉のネムノキ・・・こうして見ると、まだまだ幼木ですね。
新芽が伸びて、だんだんと葉を広げてきました。
今年はどのくらい花を咲かせてくれるかな。楽しみです。




アトリエの建物に沿ってバラが並んでいます。つるバラもあります。
だんだんと花数が減ってきましたが、四季咲きが多いので、まだ少し楽しめそうです。
足元にはラベンダーやワイルドストベリー、イングリッシュデージーなどが植わっています。


   
左画像は、つるバラのプロスペリティー。 細くて柔らかい枝に小輪の花が咲き、優しげな雰囲気です。
 右画像は、クレアローズ。 後ろに見えるオベリスクには、アルフレッド・キャリエールを誘引しています。




ネムノキの下のバラは、ブラッシュノアゼット。 小輪ですが、本当によく咲くバラです。
左のピンクのバラは、シャポードナポレオン。 昨年秋に切りつめて、この場所に移植しました。
つるバラですが、今年は周りのカモミールに囲まれて下の方で咲いています。


   
鉢植えで3年めになります


Next