好川婦人科クリニック 電話:0743-75-8600

自分の意思と関係なく尿が漏れてしまう「尿漏れ、尿失禁」は適切な治療で症状を改善できます。
40代からの多くの女性が、「恥ずかしいから・・」と受診をためらってしまうようですが、早めに医師に相談してみましょう。
当院では問診や尿検査、超音波検査などを行い、諸症状を改善するための薬を処方させていただきます。

尿漏れのタイプには、以下の2つがあります。

腹圧性尿失禁

骨盤底筋体操咳、くしゃみやお腹に力を入れたときに尿が漏れる症状です。
原因は骨盤底筋のゆるみが関係しています。
出産や肥満などで尿道が下がり尿道を締める力が弱まると腹圧がか かって尿が漏れるのです。
骨盤底筋を鍛えるために骨盤底筋体操が有効です。
薬物療法には尿道を締める薬を用い、体操との併用で症状の改善が期待できます。

切迫性尿失禁

突然の強い尿意により、トイレまで我慢できず尿を漏らしてしまうという症状で、高齢者に多くみられます。
膀胱炎などの疾患がない場合、過活動膀胱である疑いがあります。
腹圧性尿失禁を合併している場合もあり、40代から年齢とともに増加する傾向にあります。

一人で悩まず、相談を…

一人で悩まず、医師と相談して自分にあった治療をし、不安のない毎日を送りましょう。
体操や薬でコントロールし、症状が改善したら薬の量や回数を減らすなど、医師と相談しながら上手につきあっていきましょう。
薬局で色々な種類の尿漏れパッドも購入できます。
生理用パッドは尿漏れパッドとは素材が異なり、不適切ですので注意しましょう。
自分に合ったものを探して活用するのも良いでしょう。