2003年 NMGレコーディングスタジオがスタート。

最高峰レコーディングミキサーS.S.L.(Solid State Logic)を中心として、限りなくひろがる豊かな音楽を創造するためにアナログ音を原点に、人の心に響く音創りを、音楽製作の理念としております。

スタジオ(天井高4m、約60u)は、その広さはもちろん、耐震ゴムにより完全にスタジオ自体が浮遊しており、声楽・弦楽・管樂アンサンブル・ピアノはもちろん、ブース音とは格段に異なる箱鳴りの音声空間を有しております。

レコーディングに最も大切なアンビエンス(残響)は、0.3sec,〜0.5sec.に可変設定でき、生演奏の音空間をそのまま収録することができます。

ライブ感覚での録音はもとより、ジャズのようなミュージシャンがおたがいに触発されるスリルのあるセッションの録音にも、定評を得ております。

MIDIの音楽制作にも上質なVIENNA SYMPHONIC LIBRARY 音源等もそろえ、Apogee ADコンバーター、Digital Performer 、Pro Toolsでのハイビットレコーディングにも対応しております。

プロユースのレコーディング スタジオとしてのマスターCD制作をはじめ、各種イベント企画演出、コマーシャル、オリジナル曲等 の企画、作曲、編曲も制作。

コンサート開催に関しても、SR用ミキサーの最高峰MIDASを中心に、コンサートホール、野外コンサートなどで CDクオリティーの音響空間を創出中です。