長寿祝

数え年 満年齢 行事 読み方 由来
61歳 60歳 還暦 かんれき 本卦還りと云って暦の干支が六十一年で生まれた年の干支にもどることからこの名がいわれます。
還暦祝いは、昔から赤ちゃんに還るという意味と赤は魔よけの色ということから赤いちゃんちゃんこ、赤ずきん、赤い座布団など赤い色のものを贈るしきたりがあります。
66歳 65歳 緑寿 ろくじゅ 数え年の66歳は、高齢世代に区分されるがまだ介護も必要なく、現役世代と高齢世代の境目として、新たな社会活動への参画を促すスタートラインとして位置づけられました。また、21世紀は「環境の世紀」といわれることから「緑」をイメージし、66歳なので「緑緑(66)寿」となるところを「緑寿」としたものです。2002年9月:日本百貨店協会が提唱した賀寿です。
70歳 69歳 古希 こき 唐の詩人杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。
77歳 76歳 喜寿 きじゅ 喜の字を略すと七が重なるので七十七歳のお祝いをいいます。
室町時代から始まったといわれ本来は厄年の一つであったともいわれます。
80歳 79歳 傘寿 さんじゅ 傘の略字が八十に見えるところからこの名がついたものです。
81歳 80歳 半寿 はんじゅ 半の字が八十一と分解できるため。
盤寿 ばんじゅ 将棋の盤が九×九=八十一マスあることから。
88歳 87歳 米寿 べいじゅ 八十八歳のお祝い。
「米」の字が八十八から出来ているところから米寿となり「米の祝い」とも云われます。
昔は近親・縁故を招いて祝宴を催し参会者に桝の斗掻(とかき)や火吹竹を贈る風習があったそうです。
90歳 89歳 卒寿 そつじゅ 「卒の祝い」ともいい「卒」の俗字が九十と読めるところからこの名が出ています。
95歳 94歳 珍寿 ちんじゅ 偏を分解した12と旁を分解した83を足して95となる。
99歳 98歳 白寿 はくじゅ 九十九歳のお祝い。
「白字の祝い」ともいい百の字から一の字をとると「白」となりまた百から一を引くと九十九になるところからこの名がついたものです。
100歳 99歳 百賀 ひゃくが
ももが
文字どおり100歳になったお祝い。
百寿 ひゃくじゅ
ももじゅ
上寿 じょうじゅ 60歳を下寿、80歳を中寿と言う。
80歳を下寿、100歳を中寿、120歳を上寿とする説もある。
紀寿 きじゅ 紀は一世紀のこと。
101歳 100歳 百一賀 ひゃくいちが 100歳以上は毎年百二賀・百三賀などとして祝う。
108歳 107歳 茶寿 ちゃじゅ 茶の字を分解すると、十が二つと八十八になることから。
110歳 109歳 珍寿 ちんじゅ 文字どおり珍しいことから。(95歳の説もある。Wikipedia)
111歳 110歳 皇寿 こうじゅ 皇の字を分解すると、白(99)と十二になることから。
川寿 せんじゅ 川が111と読めるため。
119歳 118歳 頑寿 がんじゅ 偏を分解し2+8、旁を分解し100+1+8、合計119。
120歳 119歳 大還暦 だいかんれき 二回目の還暦を迎えることから。
昔寿 せきじゅ 説1:昔の字を分解すると廿(20)+百となるため。
説2:「十一」+「十一」+「日(98)」(百ー二)となる。
128歳 127歳 天寿 てんじゅ 「百寿者の秘密」田内 久著より
162歳 161歳 白山ひめ神社ホームページより。
半寿(81歳)の倍で天寿とした。(自説)
182歳 181歳 岡山県神社庁ホームページ、Yahoo!知恵袋
250歳 249歳 Wikipediaの「年齢」より。由来は不明。
8000歳 7999歳 椿寿 ちんじゅ 有史以前の記録が無いので、何とも言えませんが。

戻る  ページトップへ

Copyright(c)2008.PANDORA