直線上に配置
 私のプロフィール
前蒼山。1947年生まれの団塊一期生。「林住期」に入り、生まれた奈良と信州北端の木島平村で二地域居住中。趣味は登山、映画鑑賞、読書、書道。
 
  




 よもやま

 木島庵便り 
 林住期のひとりごと
紀行文

古代インドでは、人生を四つの時期に分けて考えたという。
「学生期」、「家住期」、そして、「林住期」と「遊行期」。
「林住期」とは、社会人としての務めを終えたあと、すべての
人が迎える、もっとも輝かしい「第三の人生」のことである。
(五木寛之『林住期』幻冬社より)


ネパール・めだかスクール
  
 

 笹ユリ讃歌
直線上に配置